自らのミスで甲子園を逃した男がリベンジした道

写真提供/阿部慎史氏

 夏の甲子園大会が始まった。高校球児にとって目指すべき頂点で、特に高校3年生にとっては最後の夏であり、予選も含めて悲喜こもごものドラマが繰り広げられる。高校3年の最後の夏、自らの5つのミスで、甲子園の切符を寸前で逃した男がいる。

誰も触れようとしない「甲子園の切符をのがしたミス」

 その男とは、公認会計士、税理士、行政書士の阿部慎史だ。阿部は、1996年、早稲田実業2年の時、控え捕手として、夏の甲子園に出場した。しかし、それは、 二番手捕手が大会直前に怪我をしたためであり、「三番手捕手が棚ぼたでベンチ入りしたとしか言いようがない」と阿部は言う。

「実力で正捕手の座をつかみ取る。そして甲子園へ行く」と決意し、猛練習に励む。そして、ついに、正捕手の座をもぎとった。勢いはとまらない。3年生、最後の夏の甲子園大会東東京予選、阿部は打率5割を超える活躍で、いよいよ決勝に進出。決勝の相手は、岩倉高校だ。「今思えば、いよいよ夢がかなうという思いで、足が地につかず、がちがちになっていたのだと思います」と阿部は言う。

 なんと阿部は、この試合2失策1捕逸2走塁死を犯し、実質的に失点5点の戦犯になってしまう。試合14対12の2点差で岩倉の勝利。野球に「もしも」はつきものとはいえ、「ミスが2つで留まっていれば、甲子園の地を再びふめたと思うと……」と阿部は、今でも言葉をつまらせる。監督も、チームメートも、いまだにそのことに触れないことも、胸のつかえだ。

次のページ 
緻密さとコミュニケーションで勝負

1
2
3
4
5
関連記事
6
7