子どもがいなくても行きたい! 夏休み自由研究ネタ探しに最適な理科好きになるイベント

丹羽唯一朗

テクノエッジ -工学部の文化祭-公式サイトより

 小学生は、もうすぐ夏休み。東京都の公立小学校のほとんどが、7月21日(木)から夏休みが始まる。夏休みと言えば、自由研究の宿題がある。自由研究として、何を題材とするか?小学生だけでなく、子供のお父さんもお母さんも頭を悩ますに違いない。アウトプットを出すには、インプットが必要。夏休みの自由研究のネタ探しとして、インプットを入れていくための場所を3か所紹介したい。

東京大学本郷キャンパス(本郷三丁目)

 8月9日~10日、東京大学本郷キャンパスで、TechnoEdgeという、小学生から高校生までの「科学」に興味がある子供たちを対象とした、工学部の学園祭が開催される。未来の科学技術を担う子供たちに「科学って面白い」「科学を勉強してみたい」と思ってもらうことを目的とする学園祭である。

 昨年は、実験いっぱいの科学館・サイエンスショー、ロボット競技の実演、工学部生の自作レーシングカー展示など、工学に親しめる出展が盛りだくさんであった。

 今年は、「顔写真の類似度を計算して、どの芸能人に似ているかを表示」、「手作りロボット」、「紙に描くだけで電気を通す不思議なペン」他、子供の夏休みの自由研究に使えそうな企画も予定されており、ネタとして、充実した内容となっている。「理科離れ」が問題視される中で、体験型のワークショップや工作体験・実験体験などを通して、ぜひ子供を「理科好き」にさせたい。

日時:2016年8月9日(火)、8月10日(水)10:00~16:00
会場:東京大学本郷キャンパス 工学部の教室(予定)

次のページ 
メディア・アートに目覚める!

1
2
3
4
5
関連記事
6
7