月商250万円を初心者が達成!――「カメラ・ガジェット」の転売で回転率を上げる秘訣とは?

サラリーマンの副業のひとつとして人気がたかい「転売」。今や老若男女問わず人気だ。安く購入し、高く売るというスタイルは、投資とよく似ている。売る商品はさまざまだが、賢者たちが確実に月10万以上稼ぐ秘訣を参考に、まずは自分が楽しんで実践できそうな商品を見つけて挑んでみてほしい

人気の商品は大量に仕入れても短期間で捌ける

【仕入れ】家電量販店/カメラのキタムラ
【売り場】Amazon

松川和憲氏

松川和憲氏

「転売に関する知識はまったくありませんでしたが、初めてから3か月で月商200万円を達成できました」とは、アマゾン転売で成功した松川和憲氏。その成功の秘訣は、利益重視ではなく、少しでも価格差のあるものを数多く仕入れて短期間で確実に売る、資金回転重視の薄利多売のスタイルにある。

「人気の商品は、大量に仕入れても短期間でほぼ転売できます。多いものだと、海外製のスピーカーを50台以上は転売しました。5000~7500円で仕入れて、9500~1万1000円で安定して転売しているので、月10万円ほどの利益になっています」

 家電せどりのコンサルタントとして活躍する上野勇輔氏と同じく、「せどりすと」や「せどろいど」のツールで人気の商品を調査するという松川氏。ピックアップした商品の購入は、家電量販店はもちろん、カメラのキタムラなどの専門店を利用するのがポイントだ。

「僕が住んでいる地域は、家電量販店よりもカメラのキタムラのほうが、売り値が断然安い。カメラのキタムラは店舗が小さいので、短時間ですべての商品をチェックできますし、近隣に家電量販店がある場合は、値下げ交渉ができるのも利点です(笑)」

 また、ツールを活用してアマゾンの人気商品がわかるようになると、掘り出し物を発見できることも。

モノレート

松川氏はアマゾンの相場や商品の動きを調査できる「モノレート」も活用。価格差よりも商品の動きを要チェック!

「たとえば、ゲーム機には発売時期によっていくつかのバリエーション(型番)があるのですが、人気の型番は高値で取引されています。プレイステーション2だと、9000系の型番がなぜか人気。アマゾンの販売価格がほかの型番よりも高いのですが、そのことを知らないリサイクルショップが安く売っていることがあるんですよ」

 ほかの商品にも応用できるテクニックなので、覚えておいて損はない。

次のページ 
注目の商品とは

1
2
Amazon転売せどり大全

あなたもAmazon転売で「人生が変わる」経験をしてみませんか?

4
5
関連記事
6
7