7月10日の参院選に併せて、盛り上がる「選挙割」

 さて、いよいよ10日は参院選である。18歳まで選挙権が拡大されて行われる初めての選挙。そして、日本人にとっての国民主権や人権を左右する「改憲」が焦点になる選挙だ。

 そんな中、ここ数年投票率が低迷を続けているなか、さまざまな業種が、選挙に行った人を対象にした「選挙割」を実施している。

 その幾つかを紹介しよう。

1:アイスクリームの「ベン&ジェリーズ

ベン&ジェリーズ

ベン&ジェリーズ特設サイト

 2013年の参院選、2014年の衆院選でもやっていた「選挙に行ってアイスをもらおう」を再び行うのがここ、「ベン&ジェリーズ」。

 同社は、環境問題などにも関心が高く、「社会的使命」を同社が重視する3つのミッションの一つとして掲げている。その社会的使命の一環として行っているキャンペーンだ。

 やり方は簡単。同社のサイトの特設ページにある「選挙ボード」から、好きなフレイバーを選び、FacebookもしくはTwitterで「選挙に行きます!」と宣言してRTもしくは投稿するだけ。7月9日(土)24:00まで受け付けており、引き換え期間は10日の13時~営業時間内とのこと。

 引き換え店舗は表参道ヒルズ店、ららぽーと豊洲店、エキマルシェ大阪店の3店舗だが、店舗が近くにない人も、宣言した人の中から抽選で50名にベン&ジェリーズのミニカップアイス10個入りをプレゼントしてくれる。

2:ラーメンの「一風堂

一風堂公式サイトより

 豚骨ラーメンで知られる「一風堂」を畝位する力の源カンパニーも選挙割を行う。期間は2016年7月10日(日)~同年7月31日(日)で、選挙の際に投票所で受け取ることのできる「投票済証明書」を提示した人を対象に「替玉一玉」もしくは「半熟塩玉子一個」のいずれかが無料でサービスしてくれる。しかも、期間中は全国の店舗で何度でも利用可能というから嬉しい(※1回の来店につき1品のみの対応)。詳細は同社リリースをご参照あれ。

次のページ 
君の家も投票行って外食!?

1
2
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7