「iPhone SE」はiPhone 6やiPhone5sとドコが違う?

iPhoneSE_イメージ 日本時間の2016年3月22日、新しいiPhoneが発表された。その名前は「iPhone SE」。エクステリアはiPhone 5/iPhone 5sとそっくりで、画面サイズも4インチのコンパクトスマートフォンだ。

「iPhone SE」の登場は昨年から予想されていた。ファーストiPhoneとして低価格なプライスタグがつけられていたiPhone 5sに替わるモデルとして、機能を限定したバージョンになるとウワサされていた。ところが発表された「iPhone SE」は違った。確かにロープライスだが、そのパフォーマンスはiPhone 6sに肉薄するものだった。

メインとなる機能はiPhone 6sと同一


iPhoneSE_画面 使用されるCPU・GPUはA9+M9でiPhone 6s/iPhone 6s Plusと同じもの。併売されているiPhone 6/iPhone 6 Plusを凌駕するパワーを秘めている。サイズは、高さ123.8mm、幅58.6mm、幅7.6mm、重量113g。大きさはiPhone 5sとまったく同じ。重量は1gだけ増えた。

 ディスプレイは4インチで解像度は1136×640ピクセル。これもiPhone 5sと同じで昨今のハイエンドモデルのなかでは低解像度となるが、4インチゆえにほぼ気にならないだろう。メインカメラはiPhone 6s譲りの裏面照射型1200万画素センサーを搭載。Live Photos、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、色温度を調節するTrue Toneフラッシュ、自動手ぶれ補、f2.2のレンズなど、機能面もiPhone 6sと同一だ。4K撮影機能も、当然ながら使うことができる。

 つまり、iPhone 5sのボディを使いながら、中身をiPhone 6s級にブラッシュアップしたというワケだ。エクステリアデザインは変更せずに機構部をアップデートするこの手法は、ポルシェの哲学を思わせるようでもある。

iPhone 5s準拠の機能もあるがそのぶん、安い!


iPhoneSE_指紋認証 しかしながら、iPhone 6sと比較して劣る部分もある。画面の圧力センサー・3D Touchは搭載されない。ゆえに3D Touch 対応アプリを使う際は、iPhone 5s、iPhone 6/iPhone 6 Plusと同様に、Peek(ピーク)とPop(ポップ)の操作は行えない。

 また、Wi-FiはMIMO非対応。モバイル回線も4G LTE Advancedは非対応となっている。さらに、インカメラ(FaceTime HDカメラ)は120万画素で明るさはf2.4。Touch IDは第一世代、気圧計非搭載などなど、いくつかの機能がiPhone 5sと同等のものとなっている。

 ただし、安い! アップルストアでの価格は16GB版が5万2800円、64GBは6万4800円となっている。参考までに言うと、iPhone 5s登場時の価格は16GBが6万7800円、iPhone 6sは8万6800円となっていた。

 ちなみに、画面サイズが小さくなり、液晶画面のバックライトの消費電力が少なくなったためか、バッテリーライフはiPhone 6sを超える。インターネット利用時の公式スペックは、4G LTE回線使用時で最大13時間(iPhone 6sは最大10時間)となっている。

次ページiPhone 5sのケースが使えるかも?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

材料難から上値の重い展開

昨日のドル円は、106.158円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、5・10日(ゴトー日)にあたり仲値に向けた円売りが観測されました。また、日経平均株価が一時150円超高となったことも好感され、ドル円は日通し高値となる106.72円近辺まで上昇しました。午後に入ると引けにかけて日… [続きを読む]