男はタブレット、女はスマホ!? 電子書籍用デバイスに違いアリ!

電子書籍利用者_イメージ 専門サイトだけでなく、紙の書籍を扱う通販サイトでも、今や当たり前のように売られている電子書籍。「かさばらない」というメリットはあるものの、小さな画面では「字が読みづらい」といったデメリットがあるため、電子書籍を読む人の多くが、Kindleなど専門デバイスを利用していると思われたが、3月にMMD研究所が調査した結果によると、電子書籍を利用している女性の42.8%がスマホを利用していることがわかった。

男性の36.8%がタブレットを、女性の42.8%がスマートフォンを利用


 MMD研究所が、2016年2月29日~3月2日に、電子書籍を現在利用している20歳以上59歳以下の男女442人を対象にアンケートをとった結果によると、男性の36.8%がタブレットを、女性の42.8%がスマートフォンを利用していると回答。男女で最も利用しているデバイスが異なる結果となった。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=87338

電子書籍利用者_よく利用する端末

出典:MMD研究

 利用しているアプリについては、男女ともにKindle(1位)、楽天Kobo(2位)、iBooks(3位)が上位を独占している。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=87339


次ページポイントや割引の拡充で、利用者を増やす楽天Kobo


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

株高警戒感からドル円は上値の重い展開

先週金曜日のドル円は、105.820円で取引を開始した後、前日の「経済対策の事業規模が20兆-30兆円に膨張も」との報道を材料に円売り・ドル買いが先行し、一時106.24円近辺まで上昇しました。東京市場に入ると、日経平均株価は「直近の連騰を背景に高値警戒感が強く、幅広い銘柄に利益確定売りが… [続きを読む]