シャラポワが主張した「うっかりドーピング」、アスリート界で急増中

photo by Tim Wang (CC BY-SA 2.0)

 女子テニス世界ランク7位で、日本でも人気が高いマリア・シャラポワ選手がドーピング検査で陽性反応を示した一件は全世界に衝撃を与えた。

 彼女自身は会見で、今回違反薬物として引っかかった「メルドニウム」について、心臓疾患、糖尿病の兆候、マグネシウム欠乏症などの疾患に対し、医師から10年近くに渡り処方されており、1月に禁止薬物リストに入ったことを知らなかったと語っている。

 彼女の言葉の真偽はさておき、昨今のスポーツ業界では日常的に使う市販薬や海外サプリに、ドーピング規制の対象になっている物質が入っていることを知らずに摂取してしまうことを、近年では「うっかりドーピング」といい、そうした事例が非常に多くなっている。

 うっかりドーピングのパターンはさまざまだ。

次ページ日常薬でも摂取には注意


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

利上げ観測再燃を受け続伸

昨日のドル円は、100.381円で取引を開始した後、日本株安を見越す形で日通し安値となる100.26円近辺までドル売りが先行しましたが、その後はまとまったドル買いが持ち込まれ反発しました。東京市場では日経平均株価の300円近い下落に上値を抑えられる場面も見られましたが、一時100.70円付… [続きを読む]