バルサの本拠地「カンプ・ノウ」スタジアムの改修、日本の日建設計に決定

photo by FC Barcelona

 3月8日と9日の大半のスペイン紙は世界のサッカー強豪のひとつ、バルセロナチームの本拠地スタジアム「カンプ・ノウ(Camp Nou)」の改修に日本の日建設計が選ばれたことを報じた。地元の建築事務所ジョアン・パスクアル&ラモン・アウシオが日建に協力する体制だ。

 改修されるスタジアムは10万5000人を収容し、「Nou Camp Nou」と当面は呼ばれることになるという。

「新スタジアムは日本の魂を持ったものとなる」と地元紙


 現在のスタジアムは1957年に建設されたもので、収容人員は9万3053人。その後、1982年のスペイン・ワールドカップの時には12万人まで収容出来るように拡張されたが、現在は建築基準法の規制が理由で縮小されて、9万9354人が収容可能となっている。

 2000年に世界的著名な建築家フォスターの設計による改修プランが挙がったが、それに反対する意見が多く出たため反故にされた。しかし、改修の要望はその後も存在し、2014年にロセイル前会長(当時会長)の時に改修するか否かの投票が行なわれ、74%の支持を集めて改修が決定された。2015年6月に改修の為の設計プランの公募が行なわれ、26の設計チームの参加があった。そして、最終的に8チームから4チームが残り最終審査に入ったという。(参照:「El Pais」)

 審査の公正を守るという意味で、参加チームの名前は最初から伏せられていた。最終審査に参加したメンバーはバルセロナクラブ執行役員からバルトメウ現会長、スサナ・モンヘ副会長、モイス部長、そしてバルセロナの建築家連合会から3人の代表とバルセロナ市役所から1人という構成だった。最終選考では全員一致で日建設計とパスクアル&アウシオ建築事務所のチームを選んだという。選んだ理由としてどの紙面にも共通して、〈開放感があり、エレガントで、落ち着きがあり、時の流れに左右されず、地中海風で、民主的である〉という表現が記述された。また『El Mundo』紙は記事の書き出しに〈将来のカンプ・ノウは日本の魂をもったものとなる〉と言及した。(参照:「El Mundo」)。

 バルセロナの代表紙『La Vanguardia』は、日建の亀井忠夫社長がヨーロッパ進出の基盤としてバルセロナを選んだ理由として〈アントニオ・ガウディーの作品による影響とバルセロナの建築学校の質の高さ、更にコミュニケーションの良さとバルセロナがもっている可能性からだ〉と述べたことを報じた。

次ページ現地紙も日建設計を高く評価


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

材料難から上値の重い展開

昨日のドル円は、106.158円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、5・10日(ゴトー日)にあたり仲値に向けた円売りが観測されました。また、日経平均株価が一時150円超高となったことも好感され、ドル円は日通し高値となる106.72円近辺まで上昇しました。午後に入ると引けにかけて日… [続きを読む]