北海道No.1コンビニが改名!「セコマ」「セイコマ」あなたはどっち?

 北海道を代表する大企業の改名で道民の意見が割れている。

 その発端は、北海道最大手のコンビニエンスストア「セイコーマート」(札幌市中央区)が、4月1日より社名を「Secoma」(セコマ)に変更すると発表したことだった。

道内ナンバーワンコンビニ「セイコーマート」


 セイコーマートは1971年に第一号店がオープン。 社名は創業者の西尾長光氏に由来する。

 現在に至るまで北海道第一位のコンビニエンスストアであり、殆どの店舗が北海道内にあるにも関わらず、店舗数はなんと約1,200店。

 北海道内の過疎地域では、他社のコンビニエンスストアやスーパーが無いような集落でもセイコーマートだけはある、というところも多い。

 また、多くの店舗の店内に厨房があり、出来立てのお弁当などが販売されていることも特徴となっており、いつでも暖かいお弁当が食べられるということは冬の寒さが厳しい道民にとって嬉しいサービスであろう。

狙いは「道外での知名度アップ」


新しい社名ロゴ(セイコーマートWebサイトより)

 今回の社名変更の狙いは、スバリ「北海道外での知名度アップ」。

 現在、セイコーマートは北海道外では茨城県周辺のみでの店舗展開となっており、道外の店舗は減少傾向にある一方で、2013年からは他社スーパーやドラッグストア(主に本州)へのプライベートブランド商品の供給を開始している。

 セイコーマートでは、今回の社名・プライベートブランドの統一により、道外でのブランド名の更なる周知を行い、多角的な事業展開を行っていくという。

 今回の社名変更に伴い、「セイコーマート」の社名看板やプライベートブランド名、また、それらに付けられているロゴなどは、順次「Secoma」に統一されるという。

 なお、「セイコーマート」各店舗の看板は4月以降も変更されず「Seico mart」のままとなる。

次ページセコマ?セイコマ?


この連載の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ショック相場が落着き102円台後半まで回復

昨日のドル円は101.971円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が節目である15,000円割れを試したことで、日通し安値となる101.55円近辺まで円買いが進みました。その後、経済財政諮問会議で安倍首相は「市場を注視して細心の注意を払う」と述べたほか、黒田総裁は日銀… [続きを読む]