映像ソフト、市場規模は縮小もBlu-rayが主流に

photo CC0 PUblicDomain

 マーケティングサービスのGfKジャパンが、全国の映像ソフト取扱店の販売実績データ等をもとに2015年のセル映像ソフトの販売動向を発表した。

 調査によれば、2015年のセル映像ソフト市場(通常DVD、Blu-rayなどすべてを含む)は数量ベースで前年比10%減となる4140万枚、金額ベースで前年比0%減の1854億円と、5年連続の縮小、さらに前年からは約1割の縮小となった。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=83522

(GfKジャパン調べ)

 販売チャネル別の金額構成比では、減少幅が小さかったEコマースが相対的に構成比を伸ばし、57%を獲得、メディアストアは26%、家電量販店は7%を占めた。

 ジャンル別の金額構成比では、最大ジャンルの音楽が前年から3%ポイント拡大し34%を占めた。この背景には、「嵐」などの人気グループの映像作品が販売を伸ばしたことがある。また、洋画は前年から2%ポイント拡大し12%を獲得。「ワイルド・スピード SKY MISSION」といった新作が市場を牽引したことに加え、「スター・ウォーズ」の過去作も最新作の劇場公開に合わせて好調に推移した。一方で、前年に「アナと雪の女王」で構成比を急拡大した洋アニメは3%に縮小したという。

Blu-rayが主流に。しかし、販売数量は初のマイナス


 Blu-rayソフト市場は数量前年比9%減の1627万枚、金額前年比3%減の924億円となった。暦年の成長率としては、初めてマイナス成長に転じたが、これは前年に「アナと雪の女王」の爆発的ヒットにより市場が急伸したためであり、一時的な縮小と考えられる。

 セル映像ソフト市場全体に占めるBlu-rayソフトの金額構成比は前年の47%から50%へ拡大した。下半期では52%と半数を超えており、金額ベースでは通常DVDに代わり、Blu-rayが映像ソフトの主要フォーマットに成長したといえる。

 Blu-rayソフトのチャネル別金額構成比では、Eコマースが66%、メディアストアが19%、家電量販店が9%を占めた。ジャンル別金額構成比では、邦アニメが前年から1%ポイント縮小するも38%を占め、引き続き最大ジャンルとなった。また、音楽はBlu-rayでも好調で、前年から構成比を5%ポイント拡大し27%を占めた。

 GfKジャパンは、同調査の絞めで2016年の展望として、映像ソフト市場全体では減少傾向が続き、販売数量は4000万枚をやや下回ると予測している。

 しかしながら、Blu-rayソフト市場は劇場公開作品を中心に再び成長軌道に乗り、プラス成長を遂げると見込む。映像ソフト市場の金額規模は2015年を下回るものの、Blu-rayシフトに伴う平均価格の上昇に支えられ、縮小は小幅となるだろうとしている。

参照:GfKジャパン

<文/HBO取材班>


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は103円台まで回復し4営業日続伸

昨日のドル円は102.890円で取引を開始した後、前日の海外市場で進んだ株高の流れを受け継ぎ早朝の取引において、103.01円近辺をつけるまでドル買いが進みました。東京市場においては、日経平均株価が寄り付きで200円超の上昇となったものの、月末要因に絡んだフローに押されじりじり値を下げる展… [続きを読む]