韓国政府が利用自粛を呼びかけた「北朝鮮レストラン」は本当に強力な資金源なのか?

100席を超える中国瀋陽の大型北レス

 2月17日、韓国政府は韓国人駐在員や海外に滞在する韓国人に対して北朝鮮レストラン(以下北レス)へ行かないようにと在外公館を通じて呼びかけた。同種の呼びかけは前政権時の2012年に続き2回目となる。

「北朝鮮レストラン」行かないで 韓国が自粛呼びかけ「2月17日朝日新聞)

 北レスはアジアを中心に世界130店舗ほどあるが、その多くが中国にあり100店舗ほどが中国にある。名目上、船舶会社やホテルなどが経営しているとされるも実質国営で外貨獲得の資金源と見られる。『朝鮮日報』によると年間1億ドル(約113億8000万円)以上を得ていると推測されるという。

 果たして、本当にそんな巨額な額を稼いでいるのか中国の北レスでシミュレーションしてみたい。

次ページ「奉仕」ゆえの激安人件費で利益率は悪くない


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は101円台を超えるも方向感は出ず

先週金曜日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場では、祝日休み明けの週末実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値決済に向けた円売り・ドル買いが先行し一時101.20円近辺まで上昇しました。しかし、11時を過ぎると、日経平均株価の下落につれドル売りが進み、ドル円は再び101円台… [続きを読む]