Windowsユーザーなら即買い! iPhoneよりもWindows 10 Mobileが優れている“6つの理由”

Windows 10 Mobile_image スマートフォンといえばiPhone。そんな認識をもつ人も多い日本。確かにiPhoneは使いやすいし、販売シェアも多数のメーカーが参入しているAndroidに勝っている。カンター・ジャパンの調査によれば、2015年8月~10月の販売データによるシェアはiOS(iPhone)が50%にもなっている。

 しかし2016年、もっとも注目すべきスマートフォンはWindows 10 Mobileだと言いたい。特に常日頃からWindows 10パソコンを使っているユーザーであれば、iPhoneから買い換えてもいいとさえ思う。今回は、その理由を1つずつ挙げてみたい。

Windows 10 Mobile_カンター・ジャパン

「カンター・ジャパン」日本のスマートフォンOS別販売シェアは大幅変化なし http://kantar.jp/whatsnew/2015/12/os.html

理由その1:Windows10と同じ操作感


 スマートフォンを評価する上でもっとも重要なのがUI(ユーザーインターフェース)だ。iPhoneやAndroidは各機能やアプリをアイコンにしてホーム画面に配置しているが、Windows 10 Mobileはフラットデザインの概念を示したモダンUIを採用している。これはWindows 10マシンのタブレットモードで表示されるモダンUIと同じもので、画面サイズこそ違えど操作感は同一。タイルの位置やサイズは変更可能で、時間表示などを大きく見せることもできる。

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=82004

Windows 10 Mobile_FREETEL KATANA 02

「FREETEL KATANA 02」のホーム画面

理由その2:初期状態からOfficeが使える


 ビジネスマンにとって重要なのが、WordやExcel、PowerPointのデータ編集。Windows 10 MobileにはあらかじめOffice Mobileがインストールされているモデルが多く、購入してすぐにOffice系のファイルが扱える。電車での移動中、立ちながらでもデータの確認や修正を行えるメリットは大きい。

Windows 10 Mobile_Office Mobile

「Office Mobile Excel」画面



次ページ理由その3:ファイルの共有がとてもカンタン


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は101円台を超えるも方向感は出ず

先週金曜日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場では、祝日休み明けの週末実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値決済に向けた円売り・ドル買いが先行し一時101.20円近辺まで上昇しました。しかし、11時を過ぎると、日経平均株価の下落につれドル売りが進み、ドル円は再び101円台… [続きを読む]