3月発売!? 4インチiPhone、名前とスペックを変えて生まれ変わるとの噂が浮上

iPhone6c_image 4.7インチと5.5インチ。6世代になって大型化したiPhone。スマートフォンの大画面化と高解像化は近年のトレンドであり、正しい進化といえる。

 しかし一部のユーザーは、この大型化したiPhoneたちを冷ややかに見ている。それはiPhone 5sユーザーだ。画面が大型化するということは全体のサイズも大きくなり、必然的に持ちにくくなる。特に手の小さなユーザーにとって、大きな端末は「使いづらい」という印象を受けがち。5.5インチのiPhone 6 Plus/iPhone 6s Plusは、手袋がXLサイズの人でもハンドグリップのようなアイテムを使わなければ落としやすい。

3月に発表されるとウワサされている4インチiPhone


 現在も4インチのiPhone 5sは併売されている。しかし2世代前のモデルとなるため、スペック面が見劣りする。そこでアップルはiPhone 5sを置き換えるモデルとして、iPhone 6cのリリースを考えているという話がある。

 昨年末から巷でウワサされていたが、2016年になってさらにリーク情報が飛び出してきた。

 中国の複数のメディアの報道によれば、まず名前がiPhone 5eかiPhone 6c、iPhone 7cとなるようだ。iPhone 5eのeはenhancement(増進、強化の意味)の略の様子。なおこのうち、iPhone 6c説がもっとも多い。

 スペックはiPhone 6s/iPhone 6s Plusで採用されたA9プロセッサ&メモリ2GB説と、iPhone 6/iPhone 6 PlusのA8プロセッサ&メモリ1GB説がある。いずれもストレージは16GB以上。またメインカメラは800万画素でTouch IDも搭載される。Apple Pay、NFC、VoLTEにも対応する。

 なおiPhone 6s/iPhone 6s Plusで使われている3D Touchが採用される、という話は今のところない。廉価版ゆえに機能を絞り込む、ということなのだろうか。それともiPhoneのボトムラインをiPhone 6相当に底上げするという狙いなのだろうか。

iPhone6c_cnBeta

「cnBeta」より

 6色というカラーバリエーション(3色説もあり)からは、iPod touchを思い出させる。iPodシリーズは大きなアップデートがなくなり、日本国内においてはソニーのウォークマンが市場を席巻している。また高価格帯のハイレゾプレーヤーも勢いづいている。このウワサが本当ならば、アップルは純粋な音楽プレーヤー市場からは撤退するという意味も込められているのかもしれない。

 あくまでウワサはウワサ。鵜呑みにしてはいけない。しかし4インチの新型iPhoneが出るならば、iPhone 5sユーザーがこぞって乗り換えるはず。ケースなどを作っているサードパーティにとっても大きなビジネスチャンスとなる。<文・写真/武者良太>

【武者良太】
スマートフォン、デジカメ、オーディオをはじめ各種ガジェットのレビュー・インタビューを担当しているフリーライター。ギズモード・ジャパン、WIREDなどのWEB媒体を中心に活動している。


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

英国民投票の結果を受けてドル円は2013年11月以来の安値

昨日のドル円は106.434円で取引を開始した後、英ユー・ガブ社が実施した国民投票を済ませた人を対象とした世論調査で「残留支持52%、離脱支持48%」と伝わると、日通し高値の106.81円近辺まで上昇しました。東京市場の開始直後には、サンダーランドで離脱支持が残留支持を上回ったと伝わると急… [続きを読む]