春節で観光客増加必至。中国人観光客に売れる品はどこでわかる?

 インターネット調査のマクロミルが一年以内に訪日した男女20歳以上の中国人旅行客500サンプルを対象に、日本での買い物などの行動についての調査を行い、その結果を発表した。

 調査によれば、旅行前に使おうとしていた予算(渡航費用は除く)の平均は2万5280.34元(約46万5800円)だが、実際に滞在中に使ったのは2万7511.36元(約50万4000円)と予算より多く使った人が多いという結果が出た。また、そのうちショッピングには1万3509.82元(約24万7800円)を使ったという。

 実際に購入したものとしてはチョコレート(52.2%)やスナック、ビスケット(51.4%)などの菓子類や日本酒(31.8%)などの食品から、やスキンケア化粧品(71.8%)やベースメイク(35.0%)などの化粧品、デジタル一眼レフカメラ(31.8%)が人気アイテムとして挙がっている。

買うものは「新浪微博」などのSNSでチェック


 日本での買い物の際に、購入の決め手となった重要な要素としては、「日本製だから」「品質がよいから」「安全性が高いから」「日本らしいから」「日本にしか売ってないから」という理由が挙がった。

 特に、キャラクターやおもちゃのカテゴリーでは、「日本にしか売っていない」という理由は25.1%と、日本のアニメやキャラクターグッズの潜在的需要の高さを感じさせる結果となった。

 また、購入に際しての事前の情報収集としては、SNSや口コミサイトが圧倒的多数を占めた。特に「新浪微博」や「腾讯网/QQ空間」、「WeChat微信」などのSNSが情報収集源として高い人気を誇っている。

 これから春節を迎える中国。訪日観光客の増加も期待できる中、何が売れそうか探るためにも中国系SNSをチェックしておくといいかもしれない。

<取材・文/HBO取材班  写真/我妻伊都 データ提供/マクロミル


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

強い米経済指標を受け底堅く推移

 昨日のドル円は、110.178円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、リスク選好ムードから一転し円買い優勢の流れとなりました。日経平均株価は続伸して寄り付き一時200円超の上昇となりましたが、ドル円は市場において「超高速処理を利用して自動売買するアルゴリズム取引に絡んだ円買い・ド… [続きを読む]