【優待バリュー投資】の最新手法を億超え投資家が公開!

広がり続ける格差や給料頭打ちの経済情勢なぞどこ吹く風と言わんばかりに、アグレッシブに資産を増大させているミリオネア投資家たち。そんな彼らの独自の投資戦略、そして資産形成術と勝負のタイミングを知ることで、億超えへの道を探る!

【優待バリュー株 v-com2氏】
総資産1億円/投資歴12年
直近1年の騰落率+2200万円

v-com2氏の資産推移

【v-com2氏の資産推移】リーマンショックの暴落時、割安株だらけになった株式市場を見て、最低限の生活資金を除いた全財産を株に投入。昇格期待の観点をプラスしたころから資産が飛躍的に増え始めた

 東証2部やジャスダックの「地味」な銘柄の中から、東証1部に「出世」しそうな銘柄を発掘して投資する手法で“億り人”の仲間入りを果たしたのがサラリーマン投資家のv-com2氏だ。

「株式市場の中で最もステータスが高い東証1部に昇格すると営業や採用がしやすくなるため、市場変更を狙う企業は多いです。さらに昇格が決まるのに併せて株価も急上昇するので、そこで生まれる値上がり益を狙うのです」

 そこで編み出されたのが、「昇格期待銘柄への投資」だという。そもそもなぜ、東証1部に昇格すると株価が上昇するのだろうか。

「東証1部全銘柄の時価総額を指数化したTOPIX(東証株価指数)には連動する投資信託やETFなどが数多く設定されています。これらの商品は新しく1部に上場した銘柄に一定量を投資しなければならないため、大量に買われることが確実になる。その期待で株価は上昇するのです」

 当初は株主優待目当てで20万円から始めた株投資だが、優待のお得度と株価の割安度を重視して投資するうち、持ち株が東証1部に指定替えとなって株価が吹き上がるのを何度も経験したというv-com2氏。

「先回り投資は長期保有することになるので、割安でなおかつ財務に問題がないことが購入の条件ですね。特に重視する指標は、会社の資産価値と株価の関係から割安度を測るPBRで目安は1以下。もしくは自分が気になっている株主優待を実施している銘柄を選んで、優待を楽しみながらのんびり朗報を待つのもオススメです」

 大量の株主優待が届くため、外食は優待の食事券が使える店ばかりに行くようになり、自宅は届いたばかりの食料や日用品で溢れていたという。

「’14年当時、名証2部に上場していた靴小売のジーフットは、財務状態が良好でPBRなどの指標も割安、しかも昇格の“兆候”がいくつも出ていた最高ともいえる銘柄でした。思い切って300万円を投じたら、金券として使える株主優待券が何枚も送られてきましたね。その後、株価も市場が将来性に気づいたのかじわじわと上昇。’15年10月には晴れて東証1部への昇格が決まり、株価は上場来高値を記録しました。この銘柄だけで含み益は投資金額と同じ300万円に達していますね」

株主優待

株主優待の食事券を利用して、高級フランス料理のフルコースを堪能。優待のおかげで外食に現金を使うことはほとんどないという

 では、昇格しそうな銘柄を察知するための“兆候”とは何か。v-com2氏は「最もわかりやすいのは株主優待の新設や拡充」と明かす。

「東証1部昇格には株主数や時価総額、流通株式数などの要件があるので、優待を充実させることで個人投資家の買いを集め、株主数の増加や株価上昇を狙う企業が多いのです」
 同じ理由で、流通株式数を増やす株式分割や立会外分売の発表も有力なシグナルになるという。

「また、ジャスダックや地方市場から東証2部に市場変更してくる銘柄にも要注目です。直接、東証1部を目指すよりも、2部から昇格するほうが条件もゆるいため、2部を経由するのが昇格狙いの『王道パターン』なんです」

 また、なかには昇格の時期まで正確に予測できるケースもある。

「地方市場から移ってきたり、東証2部にIPOした企業は最低1年、2部に在籍する必要があるんです。最短での昇格を目指す意欲的な企業なら、2部への市場変更からちょうど1年で昇格できるよう準備を進めるものです」

 ただし、明確なサインが複数点灯してからではすでに買われて上昇していることも多い。こうしたケースでは実際に昇格が発表されてもさほど上がらない。もちろん、発表がなければそのまま株価が下がることもあるという。

「昇格はご褒美程度に考え、なるべく地味な割安銘柄を探すほうが成功率は高い。イメージとしては、磨けば光りそうな無名アイドルをいち早く発見し、人気が出るのを見守る感じでしょうか」

 そんなv-com2氏の日課は通勤中に東証ウェブサイトの「適時開示情報」のチェックだとか。

「優待の新設や拡充、立会外分売や株式分割、市場変更といった新たな昇格候補の発掘に役立つニュースが随時更新されて、かなり便利です」

 値上がり益と株主優待で、夢のダブル獲り。狙う価値は充分ありそうだ。

v-com2氏の注目銘柄


◎綿半ホールディングス(3199)

綿半ホールディングス長野県でホームセンターを展開。’14年12月に東証2部に上場し、’15年8月に株主優待を新設。最短で’15年12月には昇格の可能性あり。「サインがそろって上昇してしまったが、注目の価値ありだと思いますね」

◎コマニー(7945)

コマニー’15年6月に名証2部から東証2部に市場変更し、8月に立会外分売を実施。今後優待新設などの新たなサインが点灯すれば、昇格はさらに濃厚に。「IR説明会で昇格意図を匂わせるコメントがあったとの噂も」

◎SFPダイニング(3198)

SFPダイニング磯丸水産などを展開。「親会社であるクリエイトレストランツHDが分割や優待拡充を繰り返す高株価志向の政策を取っており、こちらも1部昇格や株式分割、優待拡充、親会社との優待共通化などが期待できる」

◎スター・マイカ(3230)

スター・マイカ中古マンション販売。’15 年11月にジャスダックから東証2部に市場変更した「王道パターン」銘柄。「強気の業績計画を出した中期計画の中で、1部昇格を目指していることを明らかにしています」

【億超えを確信した瞬間】
「よくチェックしているカリスマ投資家さんたちのブログを見ていると、1億円なんて当たり前に達成しなければならない額に感じてしまって……」。1億円が見えたことで、ようやくスタートラインに立てたような気がしたとか。

【v-com2氏】
株主優待と昇格期待を組み合わせた割安株投資を得意とする。投資情報を発信するブログ「21世紀投資」が人気。著書に『昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!』がある。

― ミリオネア投資家の(秘)戦略 ―


この特集の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は102円台で堅調に推移

昨日のドル円は102.748円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が前日比プラスでよりついたものの、月末要因に絡んだフローが観測されたことによる売りに押されたことでドル円も102.26円近辺まで下押ししました。安倍首相は官邸で政府と日銀による会合を開催し、連日のように… [続きを読む]