迷走著しいマクドナルドがそれでも安泰な意外な理由

 赤字が過去最悪の数字に。11月11日、日本マクドナルドが「1~9月の最終赤字292億円」と発表したことが、各方面で取り沙汰された。しかし、このような危機的状況を思わせる中、「まだまだ安定飛行」と見るのは、店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏だ。

「現時点で、業績が相当に厳しい状況なのは間違いありません。業績悪化の原因は明らかで、2014年7月の賞味期限切れ問題、2015年1月の異物混入問題です。なぜなら、不祥事直前の’14年第2四半期決算では純利益18.5億円の黒字であり、業績が下がりつつも利益を確保し続けていました。しかし、不祥事を発端に売上が激減、赤字に転落したのです」

 安全性や企業イメージの影響は、想像以上の大きさなのだ。しかし、決算内容を見てみると、回復の兆しも見えるという。

「赤字額は第1四半期約146億円から第2四半期約262億円と大幅に増えましたが、第3四半期では約292億円と下げ幅を縮小しました。また、8月の直営店売上は前年比2.8%増という発表もあり、客足が戻ってきていることがうかがえます」

 もちろん、これだけで楽観視しているわけではない。

「業績を回復するには、さまざまな方策が必要でしょう。地に落ちたイメージの改善、魅力的な商品の提供、店舗のクリンリネスの向上など課題は山積みです。しかし、日本マクドナルドの強みは、業績立て直しに長期戦で挑めることです。なぜなら、会社としての体力が非常に優良だからです」

マックの体力は長期戦を可能にする


 “優良”とはどういうことなのか?

「まず資金調達力の強さです。今年の第1四半期に220億円の借り入れを決定したのですが、借入条件が凄いんです。なんと無担保無保証、利率0.5%ほど。これほど銀行から信用されているわけですから、もっと借りることも可能ということですね。しかも、この借入金は、第2四半期、第3四半期には減っていっています」

 また、株価の下落も見られないのもプラス要素だ。

「不祥事後も大きな影響はなく、2600円前後を維持しています。11月には株価が上昇し3000円を一時超えたほど。この業績にもかかわらず、投資家はマクドナルドを支持しているわけです」

 さらに、財務状況が良好なのもプラスだという。表は、外食産業の上位4社を比較したもの。

大手外食チェーン純資産比較「日本マクドナルドの企業体力がどれだけ優れているのか。同業他社と比較すると、わかりやすいです。ここでは長期借入金に注目しましょう。ゼンショー884億、すかいらーく1398億、吉野家115億。マクドナルドの187億が、決して法外ではないことがわかります。さらに、負債が自己資本に対する割合=負債比率も重要です。この数字が大きければ、市場での評価が低く、借り入れに頼らざるを得ない=負債利子が経営を圧迫することを意味します。日本マクドナルドは50.8%と他社に比べて優良なので、余力があるとみるのが妥当でしょう」

 また、佐藤氏が財務状況を調べる中で、面白い傾向を見つけたという。それは原田前会長が推し進めたFC化の効果だ。

「See you」また会えることに期待!

閉店が相次ぐマクドナルド。ネット上では、街のシンボルだった店舗を名残惜しむ声も相次いだ

「原田体制下でFC店舗率は30%から約70%になりました。これがサービス低下の一因と指摘されていますが、一方で経営の安定化に一役買っているフシが見えます。これはロイヤルティの仕組みのおかげです。決算書やFC契約書から試算したところ、FCのロイヤルティは25%前後。うち5%はインフラサービス費と広告費、20%はレントロイヤルティ(いわゆる家賃)と推測されます。レントロイヤルティは固定金額型と売上パーセンテージ型があり、“いずれか高い金額”が適用されます。ここがキモで、売上高にかかわらず、一定の利益は確保できるのです」

佐藤昌司氏

佐藤昌司氏

 実際、売上が苦戦していることもあり、FC店による利益は直営店を上回っている。

「非常にうまいビジネスですよね。もしかしたら、原田前会長は市場が伸び悩むとにらんで、FC店による経営の安定化を目指していたのかもしれませんね」

【佐藤昌司氏】
店舗経営コンサルタント。クリエイションコンサルティング代表。店舗経営、マーケティング政策の立案、店舗オペレーションの改善などを得意としている。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は下げ渋るも上値は重い展開

昨日のドル円は、100.319円で取引を開始した後、東京市場において日経平均株価の260円近い下落を受け日通し安値となる100.08円近辺まで売り込まれました。その後はまとまったドル買いが入ったことや、日経平均株価がプラス圏に浮上し140円近く上昇したことで、投資家心理の改善を意識したドル… [続きを読む]