仕事相手にぞんざいに扱われ、腹立たしく思ったときの対処法は?

 言葉の端々に失礼さがにじむ人がいる。無知なのか、それとも無神経なのか。両者の合わせ技という可能性もありそうだ。できれば、つきあわずに済ませたいが、仕事相手となればそうもいかない。悪気なく失礼な言動を重ねる相手にどう対処すればいいのか。

営業

写真はイメージです。

 今回は幕末の江戸を舞台に、若者たちの人生模様を描いた『幕末あどれさん』(松井今朝子著/幻冬舎時代小説文庫)から、対応策を探りたい。タイトルの“あどれさん”とは、フランス語で「若き者よ」の意。西洋式兵法を教えるために招かれたフランス人教官たちが、教え子である武士たちにこう呼びかけたことに由来する。

「悪心をまるっきり持ち合わせないというような者はいない」


“芝居に出てくるような悪党になりたい”という理由で武士にもかかわらず、芝居作家に弟子入りした主人公・宗八郎。周囲は呆れるやら、おびえるやら。しかし、師匠は“悪心”は誰にでもあるとし、“芝居が悪心を押さえ込む装置になる”と受け入れた。

 人は誰しも、多少の“悪意”は持ち合わせている。重要なのは悪意の種を大きく育てないこと。お互い虫の居所が悪いときは無理にコミュニケーションをとらないのも、自衛策のひとつである。

「手の届かぬものに執着して、手を伸ばそうとする者を世間では馬鹿と申します」


 宗八郎は芝居小屋で働く若者・長吉に、読み書きを教えようと張り切るが、成果が出ない。焦り、戸惑う宗八郎に、ベテラン裏方の豊蔵は“人にはできることと、できないことがある”と諭す。

“できないこともある”と認めると、肩の力も抜け、自然と視野が広くなる。過剰なやる気や、ぶしつけな発言といったノイズに気をとられ、仕事が滞るのは本末転倒。“尊重されるべき”という思い込みを捨てれば、人間関係のわずらわしさも軽減される。

「おまいさんは、いつも先のことやうしろのことばかり観ていて、真実(ほん)の目の前のことにはさっぱりお留守だ」


 武士として生きるか否かで、思い悩む宗八郎。なじみの女郎は過去や将来にとらわれすぎだとハッパをかける。目の前の問題から目を背けているようでは「なにをやっても、つとまらない」というのだ。

 気になって仕方がないことが、直視すべき問題とは限らない。例えば、“失礼かどうか”に気をとられ、優秀な仕事ぶりに気付かないケースもある。仕事上のつきあいなら、注視すべきは“やるべき仕事をやっているか”の一点に尽きるはずだ。

 失礼な言動に対する感受性は人によって驚くほど異なる。不平不満は、本音の宝庫でもある。大らかなタイプは“スルー力”、敏感なタイプからは繊細さを学ぶことは、最適なコミュニケーションを実現するヒントになる。

<文/島影真奈美
―【仕事に効く時代小説】『幕末あどれさん』(松井今朝子著/幻冬舎時代小説文庫)―

<プロフィール>
しまかげ・まなみ/フリーのライター&編集。モテ・非モテ問題から資産運用まで幅広いジャンルを手がける。共著に『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典』シリーズ(扶桑社)。『定年後の暮らしとお金の基礎知識2014』(扶桑社)『レベル別冷え退治バイブル』(同)ほか、多数の書籍・ムックを手がける。12歳で司馬遼太郎の『新選組血風録』『燃えよ剣』にハマリ、全作品を読破。以来、藤沢周平に山田風太郎、岡本綺堂、隆慶一郎、浅田次郎、山本一力、宮部みゆき、朝井まかて、和田竜と新旧時代小説を読みあさる。書籍や雑誌、マンガの月間消費量は150冊以上。マンガ大賞選考委員でもある。


幕末あどれさん

名もなき若者=あどれさんの青春と鬱屈を活写した傑作

この連載の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

強い米経済指標を受け底堅く推移

 昨日のドル円は、110.178円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、リスク選好ムードから一転し円買い優勢の流れとなりました。日経平均株価は続伸して寄り付き一時200円超の上昇となりましたが、ドル円は市場において「超高速処理を利用して自動売買するアルゴリズム取引に絡んだ円買い・ド… [続きを読む]