チャイナショックで僕が4000万円負けた理由

中国経済悪化の煽りを受け、爆死寸前のサラリーマン投資家がいる。豪ドルを高値で掴み、2度のロスカットに見舞われたのだ。見事なまでのしくじりぶりを紹介しよう。

投資界の「しくじり先生」が特別講義


ショック「ロスカットが近くなると、パソコンからピーンピーンって音が鳴るんです。今でも頭にこびりついて離れない。抵抗むなしく先日ロスカットされ、一日で2625万円が飛びました……」

 つらい投資経験を語るのは、サラリーマントレーダーの沖本聡さん(仮名・50歳)。

 8月24日、アメリカ・NY市場の株価が一日に1000ドル下がるチャイナショックが起きたことは記憶に新しいが、沖本さんはその“被害者”の一人だ。

 大学在学中から投資活動を開始し、投資歴は実に30年。ベテランと言っても過言ではない沖本さんが大穴を開けたのが、FXだった。

「保険や投信、ヘッジファンドに映画の出資案件など、手堅いものから怪しいものまでたくさん試してきました。そんな僕がFXを投資の主流として取り組んだのは3年ほど前のこと。’12年は330万円、’13年は370万円、’14年は1800万円のプラス収支となり、絶好調のはずでした。それが今回のチャイナショックで一転して4000万円を溶かしてしまった。10日間は食欲がわかず、ずっとふさぎこんでいました。こんな経験ですが、お話しすることで誰かの役に少しでも立てれば……と思ったんです」

 いわば、FX界のしくじり先生。沖本さんはどこで、何を間違えたのか――本人の証言を交えながら、紹介したい。

「金利で生活する」夢を追いかけ続けた30年


日記

欠かさずつける日記。基本、ワープロをプリントアウトした紙を切り貼りするが、大敗した日には手書きのチャートとポエムが……

 ’80年代のバブル期、沖本さんが投資に目覚めたこの頃は、郵便局の定額預金は利息が8%ももらえる時代だった。この原体験が忘れられず、「金利で生活する」という夢を抱くようになる。

 投資デビューは、大学在学中。アルバイトで貯めた87万円を元手に、一時払い養老保険や証券会社のゴールド預金に投資した。結果は大成功で、大学を卒業する頃には500万円以上貯まっていた。

「ただ、その後がまずかった。マンション投資で失敗、和牛商法でも失敗。『北朝鮮から引き揚げてきた人たちの映画に出資しないか?』なんて話にも乗っかってしまい、500万円を持ち逃げされたこともありました。社会人になって節約生活を送り、給与も大半を投資に回していたのですが、最初の数年で2000万円ほどのマイナスです。ここで『投資はダメだ、株をやろう』と思い立ったところ、ITバブルにうまく乗ることができ、1000万円以上勝った。まぁ、その後のITバブル崩壊で結局はなくなりましたが……」

 浮き沈みの激しい投資家生活だったが、相続で2000万円が転がり込んだこともあって、タネ銭だけはどうにか尽きずに済んできた。そんな沖本さんがFXを本格的に始めたのは3年前のことだ。

「周りもFXで勝ってる頃で、取り組むことにしたんです」

 そもそも、「金利で暮らす」という価値観を刷り込まれてきた沖本さんがFXをやれば、スワップの高い通貨を選ぶのは必然だった。好んでトレードしていたのは豪ドル、そしてトルコリラだ。

102円の高値掴み一発で市場退場間近の事態に……


「豪ドルは200枚も持っていれば、一日で1万2000円のスワップポイントが付きます。これが月30日なら36万円、十分暮らせていけるだけの稼ぎになる。トルコリラだって、90枚も持てば一日7200円のスワップが付くわけで、非常に魅力的でした」

 豪ドルの値動きが中国経済と密接に関わっている点もやりやすかった。相場が大きく動く指標発表の前に買って後で売る、なんて取引をスキャルピングで繰り返しつつ、上昇局面ではロングしてスワップで手堅く稼ぐ。最初の3年で2500万円ほど勝っていた。

「豪ドルがどんどん上がっていって、スワップもたくさん入ってくる。こうなると勘違いしちゃうんですよねえ。’14年の11月20日に豪ドルは102円まで上がったのだけど、僕はもっと上がると思って200枚、2億円分を買い増した。ところが、とんだ高値掴みでした。ここをピークに落ち始めていくんです……。97円になって95円になって。そしてついに8月24日に87円を切ったところで、ロスカットで全滅しました。この日だけで、2600万円超の損失です。4月にも1400万円ほどロスカットされてますから、合計4000万円のマイナスになってしまった」

 悪夢となった忌まわしき8月24日のことを思い出してしまったのか、ガックリとうなだれる沖本さん。トレードで何がいけなかったと思うか? と聞くと、声を絞り出すように答えた。

「下がった時点で損切りすればね、よかったのだけど。僕はいずれ上がるんだから、それまでスワップで耐えてしまえ!ってね。あとは手持ちの資金をまとめて突っ込んだのもよくないですよね。我流で3年もやってきたから、当たり前のことができなかったね」

 沖本さんはトレード日記を詳細につけている。1400万円のロスカットを食らったという4月。102円で買った豪ドルが92円まで下がっているのに、ノートにはこう書かれている。

<スワップで一日1.7万円=年間620万円が入るからロスカットなく進むと2年で損失回復予定>

 だが、ロスカットは起きた。8月24日の日記には、自作のチャートとともに、ペンで書き殴った文字がこう並んでいる。

<今まで人を苦しめてきた 悪いことをしてきた 人を傷つけてきた その50年間のむくい。自業自得>

 沖本さんが語る。

「今、保有しているトルコリラもロスカット寸前で、これが飛べばさらに1200万円のマイナス。これが確定となれば、FXでの負けは5000万円になる。ちょっと勝ったから浮かれて、チャートも見れない、基礎的な知識もないのに取引を続けてきた結果がこれです。なので、基礎を学ぶために誰かに師事しようと思い、45万円支払ってマンツーマンレッスンを受けることにしました。資産はほぼなくなりそうですが、今度こそ腕を磨き、勝ち組トレーダーとしてまた復活したい。また取材されるように頑張りますよ」

 破滅的な状況でも前を向く沖本さん。沖本さんが不死鳥のごとく蘇ることはあるのか。追ってまた、リポートしたい。

【沖本聡さん】
FXトレーダー。’65年生まれ。大学在籍時、アルバイトで貯めた87万円を元手に投資家デビュー。在学中に500万円まで増やすことに成功するも、投資詐欺に遭ったり株ですったりと波瀾万丈、ボラティリティの高い投資家生活を送る。今回のチャイナショックでは確定分で4000万円の損失となったが、愛妻はその事実を一切知らない。

取材・文/マネー得捜本部取材班


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は一時102円台に突入

 昨日のドル円は、101.913円で取引を開始した後、東京市場において一時日通し安値となる101.84円近辺まで下落しました。黒田東彦日銀総裁が27日に米ジャクソンホールで開かれたシンポジウムで「必要ならばちゅうちょなく追加緩和を行う」「量、質、金利のいずれも追加緩和の余地は十分にある」な… [続きを読む]