大きな薄型テレビは震度6の地震でどうなる?

台に固定し震度6 強相当でスタンド部付近が損傷して前方に落下した50V型テレビ(国民生活センター資料より)

 9月12日の午前5時49分、東京湾を震源とする大きな地震があった。

 調布市では震度5を観測するなど、東京では4年ぶりになるほどの大きな地震であったが、記者会見をした気象庁地震津波監視課の長谷川洋平課長によれば、「想定されている首都直下地震と震源のエリアは同じだが、規模は想定の1000分の1であり、今回の地震が今後、より大きい地震を誘発することも考えにくい」という。

 こうした大きな地震が起きると改めて気になるのは自宅の地震対策だ。

「東日本大震災以降、背の高い家具は買わないようにしている」「本棚には転倒防止のストッパーを付けた」などといる人は多いが、意外と少ないのは最近低価格がが進んできた薄型テレビだろう。大画面化や4Kなどの高画質化の一方で価格もお手頃になってきたこともあり、家電量販店でも売れ行きは好調だという薄型テレビだが、意外と忘れがちなのが転倒防止対策だ。

 あれだけ薄い液晶テレビ、無対策のまま設置すると果たしてどれくらいの揺れで倒れてしまうかご存知だろうか?

 実は東日本大震災後の2012年3月15日に国民生活センターが地震によるテレビの転倒についてのリポートを発表している。

 そのリポートによれば、“PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、地震でテレビが転倒したとの相談事例が2011年3月11日以前では5年間で3件であったが、3月12日以降は60件寄せられており、その多くが画面等を破損して修理が必要となっていた。中には「42型のテレビが地震で倒れて液晶が粉々になってしまった。小さな子供が危うく下敷きになるところだった」といった危険なものも含まれていた”としている。

 そのため、国民生活センターは、32V型、42V型、50V型と大きさの異なる3銘柄の薄型テレビをテスト対象銘柄として、震度5弱~6強の揺れによる転倒実験を実施したのである。

 その結果はというと……。

次ページ転倒防止をしないと転倒・落下


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

3営業日ぶりに反落

昨日のドル円は、101.010円で取引を開始した後、東京市場午前において日経平均株価の下落を嫌気して100.71円近辺までドル売りが先行しました。その後、下値の底堅さが確認されるとドルは買い戻され日通し高値となる101.07円付近まで反発しました。午後に入り、黒田東彦日銀総裁が「必要と判断… [続きを読む]