Windows10はPCのあり方を大きく変えるか?

Windows 10 Windows 7で大きな成功を収めたマイクロソフトだが、続く8はスタートメニューを廃止したことや、「Modern UI」と呼ばれる新たなUI(ユーザーインターフェイス)を採用したことで評価は低迷。8.1という新OSをすかさずリリースしたものの、8をわずかに改良しただけのものであったため7からの乗り換えを促すには至らなかった。そこでマイクロソフトが起死回生をかけて開発しているのが「Windows 10」だ。リリースは今年の夏頃とされており、すでにプレビュー版が利用できる。はたして、Windows10はビジネスマンの強い味方になるのだろうか?

無料でアップグレード! ユーザーの大移動は確実


 Windows 10の大きな特長はリリースから1年間、無料で7/8.1ユーザーを10にアップグレードするところだ。つまり、7以降のWindows(RTを除く)を利用しているなら、全員が無料で10にアップグレードできるのだ。アップグレード対象には海賊版Windowsも含まれており、このアップグレードによって海賊版ユーザーは急減すると考えられる。また、インストールディスクからのアップグレードに加え、Windows Updateを利用したアップグレードも可能なため移行が簡単。多くのユーザーが10に乗り換えるのは確実だろう。

 しかし、安易にアップグレードを考えるのも危険かもしれない。その理由として、10に移行することで、これまで仕事で使っていたソフトが正常に動作しなくなってしまうケースがあること。7→8/8.1→10と矢継ぎ早に変更したことから、インターフェースに慣れるのに時間がかかり、逆に作業効率が落ちてしまうことが考えられるからだ。古いOSはいずれサポート対象外となり、セキュリティーホールも放置されるが、アップグレードのタイミングには、やや注意が必要だ。

ノートPCとタブレットの融合はますます加速する


 OSの一斉アップグレードで混乱を招きかねないWindows 10だが、普段からPCを持ち歩くビジネスマンからは大きな評価を得ることになるだろう。というのも、10には「タブレットモード」と呼ばれるモードが搭載されるからである。これは名前の通り、タブレット端末での利用に特化したモードで、タッチ操作の種類が増え、アプリがフルスクリーンで起動するようになるのが特徴。8.1にはこのようなモードがなく、PCとして利用する場合もタブレットとして利用する場合も操作方法は同じ。そのため、SurfaceのようにノートPCとタブレットを融合した端末は、軽量で持ち運びやすい反面、操作性が悪いのが難点だった。だが、10ならワンクリックでモードを切り替えられるため、そのような不満は解決。これにより、SurfaceのようなノートPCとタブレットをひとつにまとめた端末が、今後ますます増えることになりそうだ。

⇒【画像】はこちら http://hbol.jp/?attachment_id=34828

Windows10タブレットモード

右下のメニューからタブレットモードに切り替えられる

新ブラウザ「Spartan」で資料の整理が簡単に!


 Windows標準のブラウザといえばInternet Explorer(IE)だが、10ではこれに代わって「Spartan」と呼ばれる新ブラウザが採用される予定である。SpartanのUIはIEと大きく異なり、タッチ操作しやすいブラウザとして開発されているのが特徴だ。また、サイトをキャプチャーしてメモを書き込めることができるのもポイント。重要なページは即座にキャプチャーし、必要な部分を囲ったり、ハイライトを引いたりすることで資料の整理もきっとはかどることだろう。

 ただし、現在公開されているSpartanは他ブラウザに比べてベンチマークスコアが低め。つまり、Webサイトの表示スピードで見れば、IEやFirefox、Google Chromeの方が快適なのである。もちろん10のプレビュー版に搭載されているSpartanは開発途中。製品版ではこれらのブラウザをしのぐ表示スピードとなり、Spartanがシェア・性能ともにナンバー1のブラウザになることを期待したい。

⇒【画像】はこちら http://hbol.jp/?attachment_id=34829

Spartan

Spartanではサイト上にメモを手書きできる

 <文・画像/中谷 仁>

【中谷 仁】
パソコンやスマートフォン、タブレットなどデジタル系雑誌・ムック本などを制作する編集プロダクション「株式会社ノーリ」の代表取締役。自ら編集・執筆をしており、年に数十冊の本の制作に携わっている。「Windows100%」「家電批評」「ラジオライフ」など雑誌を中心に活躍中。


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は111円台を回復

昨日のドル円は、110.391円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、イエレンFRB議長の先週末の発言内容から米早期利上げ期待が高まるなか、全般的にリスク選好の流れとなり、ドル円は111円の大台を乗せました。午後に入ると、日経平均株価も17,000円台の大台に乗せたことでドル買い基… [続きを読む]