髙坂勝

30歳で脱サラ。国内国外をさすらったのち、池袋の片隅で1人営むOrganic Bar「たまにはTSUKIでも眺めましょ」(通称:たまTSUKI) を週4営業、世間からは「退職者量産Bar」と呼ばれる。休みの日には千葉県匝瑳市で NPO「SOSA PROJECT」を創設して米作りや移住斡旋など地域おこしに取り組む。Barはオリンピックを前に15年目に「卒」業。現在は匝瑳市から「ナリワイ」「半農半X」「脱会社・脱消費・脱東京」「脱・経済成長」をテーマに活動する。(株)Re代表、関東学院経済学部非常勤講師、著書に『次の時代を先に生きる』『減速して自由に生きる』(ともにちくま文庫)など。

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

カルチャー・スポーツ
髙坂勝

スコップ1つでハエや蚊も激減! 誰でもできる「環境再生」の方法

カルチャー・スポーツ
髙坂勝

東京一極集中の大波の陰で広がり始めている、「田園回帰」という静かな“波紋”

カルチャー・スポーツ
髙坂勝

できる限りモノを持たないほうが幸せ!?「ミニマリスト」という生き方

カルチャー・スポーツ
髙坂勝

【雇われない生き方】小さな豆腐屋から見える、地域への付加価値と「定年のない」仕事の幸せ

カルチャー・スポーツ
髙坂勝

「嘘で嘘を塗り固めること」に耐えられず経産省を退職した【雇われない生き方】

カルチャー・スポーツ
髙坂勝

籠池氏・昭恵夫人付秘書T氏が受けた「とかげのしっぽ切り」から逃れるための2つの生き方

社会
髙坂勝

昭恵夫人と秘書T氏双方を知るバー店主が激白。「上司に責任を押しつけられた、元首相夫人付秘書T氏のこと」

政治・経済
髙坂勝

「残業するな」「時短をしろ」という改革は逆に負担になる!【シリーズ雇われない生き方】

カルチャー・スポーツ
髙坂勝