セミナー生の平均勝率7割超。人気投資セミナー講師が教える「銘柄の選び方」

 セミナー生の平均勝率は驚異の7割超え。抜群の再現性を売りに人気を集めている高沢健太氏。株式投資業界の異端児はどんな教えを説くか? その授業を特別に公開してもらった。

値幅名人が教える銘柄の選び方

「たくさんの銘柄を持っていれば、リスクを分散できる」  多くの人はこのように考えているはず。なぜなら、リスクヘッジは投資の基本中の基本だからだ。しかし、高沢氏はこれに異を唱える。 「数多くの銘柄を保有していても、専業トレーダーでもない限り、それらすべての値動きを把握することは困難でしょう。以前、50種類以上の銘柄を抱えているトレーダーさんで、プラスが5銘柄、マイナスが45銘柄という方とお会いしたことがあります。これでは何の意味もありません」  高沢氏がこのように唱える理由には、株はゼロサムゲームではないという考え方があるからだ。 「そもそも株というのは、FXのように単純な総損失額=総利益額という理屈にはあてはまりません。上がる銘柄、下がる銘柄の数は等しくないため、1つ1つの銘柄で利益を上げられるのです。そのため、たくさんの銘柄を保有することで逆にリスクが増してしまう可能性もあります」  保有する銘柄は最悪1つでもいいと述べる高沢氏。では、今彼が注目している銘柄はどのようなものか。 「できれば価格が市場全体の平均に比べて高い、“値嵩株”を保有しましょう。ボラティリティが大きく、また資金力のある投資家がたくさん購入しているため、暴落時からリターンが速いことが特徴です。そのため、私は値嵩株の多い東証一部上場株をターゲットにしています」
次のページ 
値嵩株狙いの注意点
1
2
4
5
関連記事
6
7