吉澤ひとみは弟を交通事故でなくしていたのに、なぜ飲酒運転・ひき逃げを行ってしまったのか?

安宿緑

思った以上に深刻な状態の可能性がある吉澤ひとみ ※画像は公式ブログより

 元モーニング娘。の吉澤ひとみが酒気帯び運転、ひき逃げ事故を起こし逮捕された。  つんくに「天才的に可愛い」と言わしめ、一時はモーニング娘。のリーダーとして活躍していたとは思えない落ちぶれた姿に、「吉澤お前もか……」と、がっかりした古参のファンも多いだろう。  中でも多くの人が首を傾げるのは、「弟を2007年に交通事故で亡くしているのに、なぜひき逃げをするのか」という点である。  至極まっとうな批判であるが、吉澤がダメ人間であると単に切り捨ててしまうのは早計だ。精神科医の岡本浩之氏はPTSD(心的外傷ストレス障害)の特徴である「再演」で説明ができると話す。 「トラウマ体験に支配されると、同じような状況を繰り返し再現しようとする特徴があり、それが一種の自傷行為として発現することがあります。  吉澤さんの場合、飲酒運転で自らを危険に追い込みつつ、弟さんが亡くなった同じ状況を体験しようとしていたものと考えられます。  これは吉澤さんに限ったことではなく一般的にも起こり得ます。  例えば、性的虐待を受けて育った女性が、本人にとっては性交渉が心の傷を開かせるつらい体験であるにもかかわらず、性風俗店で働き多くの男性と性交渉をする。  また、普段は男性への嫌悪感を示すのに、飲酒し酩酊状態になると不特定多数の男性と次々と性交渉をしたりすることがあります。  そういう人はしばしば、『本当はSEXが好きな、だらしない人間なんだろう?』と勘違いされますが、本人にしか分からない、深い傷を抱えているのです」
次のページ 
本当に断罪だけで良いのか
1
2
関連記事