『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

『秘密結社 鷹の爪(通称:鷹の爪団)』『パンパカパンツ』などのフラッシュアニメで有名なアニメ制作会社、ディー・エル・イー(DLE)。元ソニーの椎木隆太社長率いる年商30億円の東証一部上場企業だ。  3月22日にはバットマンやスーパーマンなどの超有名コンテンツを有するDCエンターテイメントと、タッグを組んだ映画製作が発表されるなど話題を振りまいている。本業以外でも「TOKYO GIRLS COLLECTION」(TGC)の著作権と運営会社を買収し、中国進出も視野にいれるなど積極的だ。  しかし、DLEの数字上の売上高・利益と実態は乖離している可能性がある。

「売上債権」が急激に膨らむ

 同社のビジネスモデルの特徴は「ファストコンテンツ」と呼ばれる。自社で著作権を持ちつつ、(映画やテレビ番組と比べて)安価かつ短期間で、大量にアニメコンテンツを作れるのだ。  しかし、売上の中でもまだ入金をえていないものをさす「売上債権」が、売上を上回る異常なスピードで膨らんでいる。筆者はまずここに注目した。 ⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=135332  なにせ売上に占める売上債権の割合を示す売上債権回転期間は4か月弱で推移しており、前受金が受け取れるのが、一般的であるこの業界においては他に例をみない数字だ。 ⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=135333  IPビジネス最大手のバンダイナムコホールディングスや制作会社の東映アニメーション、同じ制作ベンチャーのIGポートやティー・ワイ・オーなどは2か月程度と正常な値を示している。 ⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=135334  2016年8月に開催された2016年6月期決算の説明会で、筆者が同社CFOの川島祟氏に指摘したところ、「大型案件を受注したためであり、今後は回収が進む」との回答を得た。HP上にも「売掛金の回収は順調に行われており滞留債権はありません」との記載がある。しかし、次の四半期決算ではむしろ(9.8億円→16.8億円)とほぼ倍増した。  そもそも、映画ビジネスにおける売上の計上と入金の流れは一般的にどうなっているのだろうか?
次のページ
映画ビジネスの収益の立て方
1
2
3
バナー 日本を壊した安倍政権
新着記事

ハーバービジネスオンライン編集部からのお知らせ

政治・経済

コロナ禍でむしろ沁みる「全員悪人」の祭典。映画『ジェントルメン』の魅力

カルチャー・スポーツ

頻発する「検索汚染」とキーワードによる検索の限界

社会

ロンドン再封鎖16週目。最終回・英国社会は「新たな段階」に。<入江敦彦の『足止め喰らい日記』嫌々乍らReturns>

国際

仮想通貨は“仮想”な存在なのか? 拡大する現実世界への影響

政治・経済

漫画『進撃の巨人』で政治のエッセンスを。 良質なエンターテイメントは「政治離れ」の処方箋

カルチャー・スポーツ

上司の「応援」なんて部下には響かない!? 今すぐ職場に導入するべきモチベーションアップの方法

社会

64bitへのWindowsの流れ。そして、32bit版Windowsの終焉

社会

再び訪れる「就職氷河期」。縁故優遇政権を終わらせるのは今

政治・経済

微表情研究の世界的権威に聞いた、AI表情分析技術の展望

社会

PDFの生みの親、チャールズ・ゲシキ氏死去。その技術と歴史を振り返る

社会

新年度で登場した「どうしてもソリが合わない同僚」と付き合う方法

社会

マンガでわかる「ウイルスの変異」ってなに?

社会

アンソニー・ホプキンスのオスカー受賞は「番狂わせ」なんかじゃない! 映画『ファーザー』のここが凄い

カルチャー・スポーツ

ネットで話題の「陰謀論チャート」を徹底解説&日本語訳してみた

社会

ロンドン再封鎖15週目。肥満やペットに現れ出したニューノーマル社会の歪み<入江敦彦の『足止め喰らい日記』嫌々乍らReturns>

社会

「ケーキの出前」に「高級ブランドのサブスク」も――コロナ禍のなか「進化」する百貨店

政治・経済

「高度外国人材」という言葉に潜む欺瞞と、日本が搾取し依存する圧倒的多数の外国人労働者の実像とは?

社会