伊藤忠、日本電産、ユーグレナ…「空売りファンド」から「次に狙われる日本企業」はココだ!

 企業に対してその過大評価ぶりや会計不正をレポートで指摘し、株価を吊り下げ、利益を上げようとする「空売りファンド」。これまで、伊藤忠商事の不正会計が疑われたり、名物経営者・永守重信氏率いる日本電産は過大評価された「裸の王様」だとこきおろされてきた。現役の東京大学経済学部生にして決算書や各種統計データを読み込み、世間を騒がせるニュースな企業の実態を暴き出し、そのノウハウをまとめた新刊『東大式 スゴい[決算書の読み方]』を3月12日に上梓する大熊将八氏が、現在までに狙われた日本企業について、その特徴を掘り下げ、「次に狙われる日本企業」を予想した。 ⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=132407 次に狙われる日本企業 空売りファンドは「①過大評価」か、「②不正会計」の2パターンで企業を糾弾する。これまで日本で対象になった企業を分類すると、 ①過大評価:日本電産、サイバーダイン、ユーグレナ、ジグソー、 ②不正会計:伊藤忠商事、丸紅、SMC となる。  まず①に関して、ターゲットにされたのは日本電産以外は時価総額が高いベンチャー企業なのがわかる。サイバーダインは介護用ロボット「HAL」の普及を試みるロボットベンチャーで、ユーグレナはミドリムシを燃料にジェット機を飛ばして環境問題を解決しようという壮大な野望を掲げているバイオベンチャーだ。  2社ともまだほとんど利益は出ていないが、株式市場での高い期待から時価総額は1000億円を超えている。両社は2015年10月の「東洋経済オンライン」のデータによれば、社員1人あたりの時価総額が大きい企業ランキングで、全上場企業中1位と2位にランクインしている(参照)。  空売りファンドのレポートは当該企業や競合が公表している有価証券報告書や統計データなどのファクトをもとに、これらの企業が期待しているほどの成長を将来的に果たせない、と糾弾している。また、ジグソーに関しては「IoT」や「AI」、「Fintech」など流行りの用語をちりばめた事業計画を打ち出しているものの、実際の研究開発費や人件費を見ると明らかにそうした新技術の開発が行えるはずがない、とギャップが指摘された。  続いて②に関しては、大手総合商社である丸紅と伊藤忠商事に対して、「減損損失」の認識を意図的に回避しているのではないかという批判が行われた。2015年度は資源価格が下落し、三菱商事や三井物産が巨額の減損損失を計上して創業以来の最終赤字に追い込まれるなど不調だったが、丸紅と伊藤忠商事は比較的好調で、特に伊藤忠は「最終益で初めて商社トップに立った」と喧伝された。
次のページ
レポートの指摘後、追加で減損を認識した「丸紅」
1
2
3
東大式 スゴい[決算書の読み方]

あなたの会社は"東芝"にならない!? 不祥事企業は決算書で見破れる!

バナー 日本を壊した安倍政権
新着記事

ハーバービジネスオンライン編集部からのお知らせ

政治・経済

コロナ禍でむしろ沁みる「全員悪人」の祭典。映画『ジェントルメン』の魅力

カルチャー・スポーツ

頻発する「検索汚染」とキーワードによる検索の限界

社会

ロンドン再封鎖16週目。最終回・英国社会は「新たな段階」に。<入江敦彦の『足止め喰らい日記』嫌々乍らReturns>

国際

仮想通貨は“仮想”な存在なのか? 拡大する現実世界への影響

政治・経済

漫画『進撃の巨人』で政治のエッセンスを。 良質なエンターテイメントは「政治離れ」の処方箋

カルチャー・スポーツ

上司の「応援」なんて部下には響かない!? 今すぐ職場に導入するべきモチベーションアップの方法

社会

64bitへのWindowsの流れ。そして、32bit版Windowsの終焉

社会

再び訪れる「就職氷河期」。縁故優遇政権を終わらせるのは今

政治・経済

微表情研究の世界的権威に聞いた、AI表情分析技術の展望

社会

PDFの生みの親、チャールズ・ゲシキ氏死去。その技術と歴史を振り返る

社会

新年度で登場した「どうしてもソリが合わない同僚」と付き合う方法

社会

マンガでわかる「ウイルスの変異」ってなに?

社会

アンソニー・ホプキンスのオスカー受賞は「番狂わせ」なんかじゃない! 映画『ファーザー』のここが凄い

カルチャー・スポーツ

ネットで話題の「陰謀論チャート」を徹底解説&日本語訳してみた

社会

ロンドン再封鎖15週目。肥満やペットに現れ出したニューノーマル社会の歪み<入江敦彦の『足止め喰らい日記』嫌々乍らReturns>

社会

「ケーキの出前」に「高級ブランドのサブスク」も――コロナ禍のなか「進化」する百貨店

政治・経済

「高度外国人材」という言葉に潜む欺瞞と、日本が搾取し依存する圧倒的多数の外国人労働者の実像とは?

社会