数字で見る「空売りファンド」――日本企業を叩く海外ファンドは救世主かハゲタカか?

 減損損失は7000億円に上り、3月末に債務超過に陥ることは確実視されている東芝問題が紛糾している。JALに東電、シャープ、そして三菱自動車、かつての名だたる日本の名門企業の凋落は今や珍しくなくなってきた。  決算書の分析を通して、次の”東芝”の見破り方を探った新刊『東大式 スゴい[決算書の読み方]』(3月12日発売)の著者・大熊将八氏が不正会計の最新状況をリポートする。今回は日本企業の不正会計を見破り、買い叩く海外ファンドについてです。

photo by はむぱん

 企業に対して不正会計や、その過大評価ぶりを指摘するレポートを発表し株価を吊り下げ、利益を上げようとする「空売りファンド」の存在をご存知だろうか?  2015年末に日本人が運営する調査会社ウェル・インベストメンツ・リサーチが、五大総合商社の一角である丸紅が減損損失を過少に行っているのではないかと指摘するレポートを発表してからというもの、2017年1月までで3つの海外ファンドが日本に上陸し、のべ8社の日本企業についてレポートで「売り」を訴えている。 次に狙われる日本企業 ウェル・インベストメンツ以外は、中国・米国・香港などを中心にレポートを手がけてきた海外ファンド。これらの国々では毎年何十本もレポートが出され、その数は2010~2016年の推計で300 本近くに上る。 ⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=132011
次のページ
米国では高い地位の「空売りファンド」
1
2
3
東大式 スゴい[決算書の読み方]

あなたの会社は"東芝"にならない!? 不祥事企業は決算書で見破れる!

バナー 日本を壊した安倍政権
新着記事

ハーバービジネスオンライン編集部からのお知らせ

政治・経済

コロナ禍でむしろ沁みる「全員悪人」の祭典。映画『ジェントルメン』の魅力

カルチャー・スポーツ

頻発する「検索汚染」とキーワードによる検索の限界

社会

ロンドン再封鎖16週目。最終回・英国社会は「新たな段階」に。<入江敦彦の『足止め喰らい日記』嫌々乍らReturns>

国際

仮想通貨は“仮想”な存在なのか? 拡大する現実世界への影響

政治・経済

漫画『進撃の巨人』で政治のエッセンスを。 良質なエンターテイメントは「政治離れ」の処方箋

カルチャー・スポーツ

上司の「応援」なんて部下には響かない!? 今すぐ職場に導入するべきモチベーションアップの方法

社会

64bitへのWindowsの流れ。そして、32bit版Windowsの終焉

社会

再び訪れる「就職氷河期」。縁故優遇政権を終わらせるのは今

政治・経済

微表情研究の世界的権威に聞いた、AI表情分析技術の展望

社会

PDFの生みの親、チャールズ・ゲシキ氏死去。その技術と歴史を振り返る

社会

新年度で登場した「どうしてもソリが合わない同僚」と付き合う方法

社会

マンガでわかる「ウイルスの変異」ってなに?

社会

アンソニー・ホプキンスのオスカー受賞は「番狂わせ」なんかじゃない! 映画『ファーザー』のここが凄い

カルチャー・スポーツ

ネットで話題の「陰謀論チャート」を徹底解説&日本語訳してみた

社会

ロンドン再封鎖15週目。肥満やペットに現れ出したニューノーマル社会の歪み<入江敦彦の『足止め喰らい日記』嫌々乍らReturns>

社会

「ケーキの出前」に「高級ブランドのサブスク」も――コロナ禍のなか「進化」する百貨店

政治・経済

「高度外国人材」という言葉に潜む欺瞞と、日本が搾取し依存する圧倒的多数の外国人労働者の実像とは?

社会