バフェット氏「株主への手紙」で米国市場を楽観視。手堅く行くなら米国株?

ウォーレン・バフェット氏

photo by thetaxhaven on flickr(CC BY 2.0)

 2016年2月28日、オマハの賢人との異名を持つ米国著名投資家、投資会社バークシャー・ハザウェイCEO、ウォーレン・バフェット氏が、バークシャー・ハザウェイの株主へ毎年送る「株主への手紙」を公開した。

 2015年、バークシャー株は12.5%下落し、ベンチマークのS&P500(配当込)の+1.4%を下回ったが、バークシャー社の1株当たり純資産は6.4%増加した。1965年から2015年の51年間で、S&P500(配当込)は年平均+9.7%の増加ペースであったのに対して、バークシャー株はそれを大きく上回る年平均+20.8%で増加した。2006年以降の10年間だけを観ると、バークシャー株はS&P500(配当込)に対して、7勝3敗の成績となっている。

 バフェット氏は、バークシャー・ハザウェイの事業に対して、”Last year was a good one.”(昨年は良い年であった)と総括している。2015年、バークシャーの最も重要な発展は、金融関係ではなく、BNSF鉄道(※2009年11月、バークシャー・ハザウェイが約2.4兆円で買収したバーリントン・ノーザン・サンタフェ鉄道)であったとしている。競合の米国鉄道会社の総トン・マイル数は落ち込み、収益が減少した中で、BNSF鉄道は顧客サービスを劇的に改善し、総トン・マイル数を維持することができ、税引き前利益で68億ドル(2014年に対して606百万ドルの増益)という記録的な結果となった。

次ページバフェット氏の米国市場に対する見方は?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は下げ渋るも上値は重い展開

昨日のドル円は、100.319円で取引を開始した後、東京市場において日経平均株価の260円近い下落を受け日通し安値となる100.08円近辺まで売り込まれました。その後はまとまったドル買いが入ったことや、日経平均株価がプラス圏に浮上し140円近く上昇したことで、投資家心理の改善を意識したドル… [続きを読む]