まだ注目されていない「意外なインバウンド銘柄」って?

資産2.5億円の「かぶ1000氏」、2億円の「御発注氏」ら“億り人”たちの注目銘柄から、圧倒的な情報網と人脈でお宝銘柄を発掘する株式ジャーナリスト、さらにはK氏関連仕手筋情報まで。生き馬の目を抜くマーケットで常勝する株のプロフェッショナルたちはどんな銘柄を見つけたのか?

コンドーム、ストッキング……


 特にPERを重視する「収益バリュー派」で、リスクを取って数銘柄に“集中投資”するスタイルで資産2億円を達成した御発注氏。

秋葉原「理想は、リスクが限定されているのに期待値が高い銘柄です。しかし、割安に放置されている銘柄は、何かしらの理由があるもの。割安だと思っても、市場から注目されないと株価は上がりません。上方修正でも増配でも昇格でもテーマ性でも何でもいい。“カタリスト”と言って、何かしら注目される要素が必要になります。テーマだったらやはり『インバウンド』が注目です」

 家電や魔法瓶などは一回買ったら終わりだが、化粧品やストッキング、コンドームなどはリピート買いがある。これからの中国は内需主導になっていくはずなので、日本の高品質な日用品・消耗品が伸びていくと見ているようだ。

【御発注氏が注目する銘柄】

◎アツギ(東証1部・3529)
現在株価:120円/売買単位:100株/目標株価:240円
PER:41.38倍/PBR:0.41倍
配当利回り:2.5%

ストッキングやタイツ、インナーを製造・販売する国内大手メーカー。日本製の高品質で丈夫なストッキングが中国人ら外国人旅行客から人気。タイツのパッケージを一新し、秋冬にはドラッグストアや小売りチェーン店などで展開を開始。消耗品のため繰り返し購入され、新しいインバウンド関連の一角に期待

◎相模ゴム工業(東証2部・5194)
現在株価:730円/売買単位:100株/目標株価:1800円
PER:15.37倍/PBR:1.98倍
配当利回り:1.37%

中国人観光客による爆買いで、世界最薄コンドーム「サガミオリジナル0.01」の供給追いつかず、7月には販売休止に陥ったほど売れ行きが好調。マレーシア工場の生産増強を検討。中国での販売は当局の認可が下りていないこともあって、特にお目当てのコンドームとして買い求める中国人観光客が多いという

◎イーレックス(東証マザーズ・9517)
現在株価:1390円/売買単位:100株/目標株価:2000円
PER:20.23倍/PBR:1.89倍
配当利回り:1.44%

代理店を通じた電力の小売りや卸売りが主力事業。電力の卸売りは取引所価格の下落が影響しているが、電力の小売りは代理店網の拡大で順調に伸長している。既存のガス会社やプロパン業者と提携しガスも併売。水素発電やシェールガスの普及の恩恵も

◎オカモト(東証1部・5122)
現在株価:1033円/売買単位:100株/目標株価:1600円
PER:24.08倍/PBR:2.00倍
配当利回り:0.97%

「うすさ均一0.02EX」など、極薄コンドームが訪日旅行客に大人気。’15年4月にはオカモト製品のなかで最も薄い「オカモトゼロワン」を全国のドラッグストアなどの小売店で販売開始した。コンドームメーカーは「五輪関連銘柄」という側面も持つ

【御発注氏】
2億円トレーダー。高配当割安バリュー株に集中投資して’13年4月に1億円突破。5株買うつもりが500株と誤発注し200万円損したことからネーミング。ツイッター@erroneousOrder

― 空前のバーゲン株 ―


この特集の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は上値の重い展開

昨日のドル円は111.126円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、本邦の雇用統計や鉱工業生産が発表されそれぞれ堅調な結果となりましたが、日経平均株価の寄り付き後に利益確定売りに押されたことから、一時110.795円まで水準を切り下げました。午後に入ると、日経平均株価が一時180円… [続きを読む]