リサイクルショップに眠るお宝商品――脱サラできるほど稼げる中古家電って?

今や副業の定番として人気を集める「転売・せどり」ビジネス。独自のノウハウをもとに毎月大きな利益を上げている転売長者たちに、みずから足繁く通っている仕入れ先、そして活用ツールを公開してもらった!

【中古家電】リサイクルショップに通うだけで充分に生活していくことができる!


ザキ氏

ザキ氏

 サラリーマン生活から心機一転、’13年から転売を始め3か月後には脱サラしたという、ザキさんは中古家電を主戦場としている。

「まったくの素人からせどりを始めて、最初の月には5万円、次の月には10万円、3か月目には20万円ぐらい稼いで脱サラしました。そこからは2年目まではほとんど右肩上がり。仕入れ場所はよくある町のリサイクルショップやハードオフ、オフハウスだけです。それをAmazonで販売しています」

 中古は新品より売れ行きが予測しにくいイメージがあるが、使っているサイトはモノレート。

「家電ならなんでも売れますけど、細かく言うと炊飯器とか電子レンジのようなキッチン周りの製品は動きにくい印象ですね。反対に狙い目は扇風機やセラミックファンヒーターのような季節家電。その季節が始まってから仕入れても充分に間に合います」

 中古品のせどりというと、「掘り出し物」を探し出して高値で転売するイメージがあるが……。

「一発逆転の『レアもの』を狙うというより、1000円~3000円程度の利益を確実に重ねていきます。これなら達人のような目利きも必要ありませんし、収入も安定するんです」

次ページザキ氏の仕入先を公開


この特集の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は101円台を超えるも方向感は出ず

先週金曜日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場では、祝日休み明けの週末実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値決済に向けた円売り・ドル買いが先行し一時101.20円近辺まで上昇しました。しかし、11時を過ぎると、日経平均株価の下落につれドル売りが進み、ドル円は再び101円台… [続きを読む]