最後の[爆上げ相場]は本当に来るのか?

年明け早々、金融市場は世界的に波乱含み。日経平均は続落しマーケットは悲観論で埋め尽くされた。が、目先の悲観論と今年の相場は別物。’16年爆上げ論を提唱する予測のプロ2人に聞いてみた。

最後の爆上げ相場に乗れ!


「株式アナリストによる’16年の株価予想の多くは弱気のようですが、こうした予測はあてになりません」
 
 と「経済の千里眼」の異名をとる経済評論家、菅下清廣氏はいう。

「彼らが予測の根拠とする経済指標の結果は現状分析には役立ちますが、株価は景気に先行するのでタイムラグがある。しかも、現状の株価にすでに織り込まれているので役に立たないのです」

3年、7年、20年で株式市場は循環する


 菅下氏が株価の先読みに利用するのは、株式市場のサイクルである「波動」だ。

「景気だけでなく株式市場も一定のサイクルで循環しています。その周期は3年、7年、そして20年です」

 確かに日経平均株価の値動きをみると、’82年につけた安値から’89年のバブル最高値である3万8957円に上昇するまでが7年、そこからリーマンショックの安値に転落するまでに20年、そしてようやく底を脱した’09年から3年間の横ばい相場を経てアベノミクス相場に突入している。いずれも、菅下氏が唱える株式市場の「波動」にピタリと合致しているのだ。

「バブル相場が7年で駆け上がったように、日本の株式市場の相場の波に最も合致するのが7年波動です。’09年の大底を起点とすると、ちょうど7年波動のピークにあたるのが’16年です。今年はアベノミクス相場がいったん天井を打つ可能性が高いと見ています」

日経平均予測は“波動”で読み解く

日経平均予測は“波動”で読み解く 株式市場の波動によると’16年はアベノミクスが天井をつける年に。最も強気なシナリオなら、バブル期のレベルである、3万円台後半も見えてくる!?

 ’16年の半ばとは具体的にいつなのだろうか。菅下氏は夏に控える参院選に注目している。

「アベノミクス相場では、これまでも大きな選挙の投票日を目指して上昇し、相場の転換点となってきたからです」

’16年前半戦では参院選直前が天井!?


 振り返ると、’13年7月の参院選では投票日前の最終営業日に日経平均株価は1万4953円の高値をつけて下落に転じた。’14年12月の衆院選でも投票の6日前に7年5か月ぶりの1万8000円台を回復し、選挙後に下落している。’15年4月の統一地方選でも、後半戦の投票日3日前に15年ぶりとなる2万円台を回復しており、いずれの選挙でも投票日前後に株価は短期的な天井を打っているのだ。

「今年も7月に控える参院選に向けて株価は上昇し、投開票日の直前に高値をつけるシナリオが考えられます」

 天井とはいったいどのぐらいになるだろうか。菅下氏は、株式市場には時間だけでなく、株価そのものにも波動があるという。

「相場には『半値戻しは全値戻し』という有名な格言があります。株価が下落幅の半分まで回復すれば、その勢いに乗って元値まで回復するという意味です。バブルの高値から大底である約7000円までの下落の半値戻しが、2万3000円です。この水準を超えれば長期のサイクルでは最高値更新まで見えてきます」

 菅下氏は3通りの株価予想を掲げる。最も悲観的なシナリオは’15年の高値2万900円台止まり。年初からの国際情勢不安が拡大すれば、前半戦の天井は低い。中立シナリオは2万2000~3000円近辺が天井となって、節目の2万3000円を突破できない。最も強気な予想は2万3000円を突破し全値戻しを目指す、というシナリオだ。

「’16年は’15年と同様、アベノミクスの前進が上昇パワーとなりつつも、国際信用不安で下落するリスクを抱えた相場になるでしょう。今後も中国や中東、石油価格の暴落やアメリカの利上げといった海外の悪材料で急落すれば、そこは長期的にみてみれば絶好の買い場となります」

 投資対象として注目するのは、国策でもあるインバウンド(訪日外国人旅行者)とイノベーション、そして’15年に第3次安倍改造内閣が目玉政策のひとつとして掲げた「1億総活躍社会」関連の銘柄だ。(下記参照)

金価格はいよいよ長期上昇トレンドへ


 日本株以外にも「爆上げ」の兆候が見えてきた金融商品がある。それが「金」だ。金相場に詳しい豊島逸夫氏はこう話す。

「ドル高やデフレ、需要が大きいインドと中国の景気減速で金相場は長い下落トレンドにありました。しかし’16年にいよいよ底を打ち、上昇に転じる可能性が濃厚です」

 現在の金価格は生産コストを割り込んだ水準まで売り込まれている上、今後の新たな採掘は難しく供給は細っていくことが見込まれているという。

「インドと中国は景気がふるわなかった’15年も年間生産量の半分以上を買い占めており、これ以上下がることがあれば、さらに買い増ししてくるでしょう。金価格は長期的には底値圏にあり、新興国経済が最悪期を脱する頃には大きな上昇の波がやって来ます」

 豊島氏は、現在1g4500円前後の金価格が、’20年までには控えめに見ても7000円に到達すると予想する。

金価格の推移

金価格の推移 為替の影響で円建ての金価格は横ばいだが、本来の価格であるドル建てでは長い下落トレンド。’16年は大底を打つ絶好の仕込み時だ

 ’16年は翌年以降の長期上昇トレンドを見越した仕込みを始める年だというが、それだけでなく金には株式投資の「保険」の役割も期待できるという。

「株価と金価格は逆相関の関係にあり、正反対の値動きをします。アベノミクスが成功すれば株が最も儲かりますが、万一失敗して株式市場が暴落したときには、金価格が急騰して損を穴埋めしてくれるはず。投資の軸足は株に置いた上で、資金の1割程度を金投資に充てるのがオススメです」

 ただし、短期的には替為の影響もあり価格変動が激しいので、一度に買うのは禁物だとか。金価格に連動するETF(上場投資信託)や純金積み立てを利用して、毎月少しずつ買い足していくのがいいという。

 アベノミクス相場で最後になるかもしれない株式市場の爆上げ「波動」と、もしものときにも頼りになる金。組み合わせれば’16年最強の投資シナリオが完成するかもしれない。

今年、勝負するならこの銘柄


◎インベスターズクラウド
【マザーズ・1435】
株価:5100円/単元株数:100株
期待度:★★★★☆
インバウンド関連銘柄。主力の建築請負(1棟約5000万円)が好伸。’16年12月期も不動産会社から『TATERU』への土地情報増え受注続伸

◎中村超硬
【マザーズ・6166】
株価:4235円/単元株数:100株
期待度:★★★★☆
イノベーション関連銘柄。中国の太陽光パネルウエハ加工中心に主力のダイヤモンドワイヤが増勢。紙おむつ、炭素繊維向け紡糸ノズルも堅調

◎富士フィルム
【東1・4901】
株価:4711円/単元株数:100株
期待度:★★★★☆
安倍政権新三本の矢の一つである一億総活躍社会関連銘柄。インスタントカメラ「チェキ」はアジア女性向けに絶好調。医療IT、複写機も堅調

◎ホクリヨウ
【東1・4901】
株価:911円/単元株数:100株
期待度:★★★★☆
インバウンド関連銘柄。雛からの一貫生産に特色がある採卵養鶏場大手で北海道シェア5割。道内の訪日客増が業績に貢献。本州開拓を強化

◎純金上場信託
【東証ETF・1540】
株価:4105円/単元株数:1株
期待度:★★★☆☆
金価格に連動するだけでなく、現物の金の裏付けがあり、一定口数以上なら金現物との交換も可能なETF。一口4000円前後から投資できる

【菅下清廣氏】
経済評論家。的確な相場予測に政財界からも熱い支持を受ける"経済の千里眼"。著書に『2016年にやってくる『株高7年波動』に乗れ

【豊島逸夫氏】
外国為替貴金属ディーラーの経験を生かし、金相場の第一人者として多くのメディアで情報発信。著書に『金を通して世界を読む


2016年にやってくる『株高7年波動』に乗れ

2015年初頭に「今年の株価はアベノミクス相場で前進し、国際信用不安で下落する」と予言した「経済の千里眼」菅下清廣氏の人気シリーズ第3弾。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

5日続伸となり103円台を回復!

昨日のドル円は、101.923円で取引を開始した後、東京市場において日経平均株価が60円近く下げるにつれて、日通し安値となる101.75円付近まで弱含みました。日経平均株価がプラス圏に浮上すると、朝方に売りを進めた向きが反対売買を迫られ102.24円近辺まで反発するも、その後は伸び悩む展開… [続きを読む]