“健康コンビニ”を目指すローソンの成功の行方

 先般、ローソンとスリーエフが資本・業務提携に向け協議をはじめたのは周知の通り。コンビニ業界3位のファミリーマートも、4位のサークルKサンクスを傘下にもつユニーグループとの経営統合に向け交渉中。業界再編の空気が漂うなか、コンビニとしては一風変わった”健康戦略”を展開するローソンの経営戦略とは……。

ローソンの”健康戦略”とは?


ローソン 今年7月に開かれた「ローソン健康説明会」で、代表取締役社長、玉塚元一氏は次のような”健康戦略”と売上目標を発表した。

「健康関連商品の売上は、昨年度で約1,180億円。今年は約2,000億円の見込み、2017年度には、3,000億円に伸ばす目標です」

 現在、同社の健康関連商品は、食品全体の売上の約2割を占めているという。「グリーンスムージー」は3カ月で350万本売れた大ヒット商品。9月1日には、主食の代わりになる「蒸し鶏のボウルサラダ」を発売した。今後も管理栄養士が中心となって、健康関連商品の拡充を進めていく方針だ。

 その戦略の徹底ぶりは「お客さまに健康のことを言うなら、我々自身が健康でないといけない。」(玉塚氏)として社員の健康意識にまで及んでいる。健康診断の未受診者とその上司の賞与を減額する施策を断行。結果、健康診断の受診率は100%へと改善した。

 そうした健康への取り組みから、ローソンは今年3月、安倍政権の「日本再興戦略」の一環である「健康経営銘柄」のひとつにも選ばれている。今年6月からローソンヘルスケアポイントをスタートし、8~9月には、健康診断で高血圧など注意事項がある社員を中心に、宿泊型研修を開催しウォーキングや食事の指導などを行う予定だという。

次ページローソンが考えるコンビニの果たす役割


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

イエレンFRB議長の発言を受けドル買い強まる

先週金曜日のドル円は、109.755円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が寄り付き後に下落したことで円買いが入る場面があり109.55円近辺まで下押ししました。その後は、日経平均株価が一時120円超上昇したことを受け、ドル円も110.00円近辺までつれて上昇しました… [続きを読む]