杉村太蔵インタビュー「年収は噂通り議員時代より増えている?」

自宅のある赤坂の高級高層マンションのロビーに颯爽と現れた杉村氏。そこには普段テレビで見せるおバカなキャラは微塵もなく、元証券マンとして熱く株投資を語り始めた――

杉村氏の年収は噂通り議員時代より増えていた!


⇒【前編】はコチラ

杉村太蔵氏

杉村太蔵氏

――杉村さんが株式投資を始めたのはいつ頃なんですか。

杉村:口座を開いたのは議員辞める直前の'09年くらい。でも、本職といえば本職だし、議員辞めた後はしばらく運用で食ってましたよ。

――原資はいくらだったんですか?

杉村:いやいや、それは言えませんよ。どこにも言ってない。

――本誌読者でも始められるくらい?

杉村:まあ、300万円以下で投資といっても、原資が小さすぎて大して利益は出ないでしょうね。だって、売買手数料だけで3000円ですよ(※杉村氏の利用するネット証券会社で手数料3000円以上になるのは400万円からなので、杉村氏の運用額はそれ以上ということはわかる)。ガンホーが100倍になったとか言っても、それは宝くじみたいなもんですし。

――いや、年収300万円の人間が何とか儲けるために杉村さんにお伺いしたいと……(笑)。収入の10分の1の30万円くらいで始めるのはダメ?

杉村:え!? 投資額が300万円じゃなくて年収が300万円!? まあ、日経平均のETFとかは1口から買えますけど……10口買って200円上がったら2000円の儲けか……。

――定期預金よりいいですけどね。

杉村:うーん、私も年収300万円以下だったころはありますけど、その時は株どころじゃなかったなぁ。人に投資している余裕はない(笑)。まあ、できれば年収500万の壁を越えたら株式投資を始めてもらいたい。それまでは、いっぱい勉強して出世して給料を上げる。で、500万円以上になったらちょっとでも投資してくれたら嬉しいです。やっぱり、投資金がゼロになっても自分の生活が揺らがないというお金で、株式投資はやらないと。

――東京オリンピック絡みでは、どんな銘柄を買ったんですか。

杉村:やはり建設株ですよ。8月に大きな値上がりが見込める中小ゼネコンを買いました。もちろん、ちゃんと調べて、その中でも技術力のある企業を狙って。でも、建設株に限らず、東京五輪関連はまだまだこれから伸びると思います。

――オリンピック関連では、今後どんな銘柄に注目してます?

杉村:これ、私の政治信条と矛盾してるので、なかなか言いにくいんですけど、やはりカジノ関連株ですかね。個人的にはカジノ関連法案には反対の立場ですけど、安倍総理がシンガポールのカジノ視察に行ったでしょ。政府は今国会でのカジノ法案通過は断念したけど、この総理の行動をどう見るかですよね。観光業やエンタテインメント業の株は、今後思惑買いが入るんじゃないかな。

――儲かるとなれば、もちろん杉村さんも買いますよね?

杉村:いいえ、買わないと断言できます。自分の思想信条に沿ったものを買うのが、私の投資美学ですから。

――若き日の杉村さんは、議員報酬の高さに興奮気味でしたけど、会社経営やタレント活動に加えて株も大儲けとなると、今の収入はそれどころじゃないでしょう。

杉村:具体的な年収はもちろん言えませんけど……まあ、それは否定しませんよ。

――それだけ稼いでると、もう議員に戻ろうなんて思えないのでは。

杉村:いえいえ、やりがいという意味では、議員の仕事はお金では計れないですから。うーん、でもそれは答え方が難しいんですよね。あると言ったら、じゃあ、今は自己宣伝のためにテレビ出てるのかって話になるでしょ。私も被選挙権はありますからね、絶対にないとも言えない。まあ、政治の世界、一寸先は闇と言うじゃないですか(笑)。

杉村太蔵氏の年収を予想してみた!


 杉村氏が議員だった当時の議員給与は約2200万円、加えて月100万円の「文書通信交通費」などの手当ても支給されるので、実質的に3500万円以上といっていい。しかし今日、氏の現在の収入はそれ以上とのこと。昨年、日刊SPA!のインタビュー(’13年2月3日付)では、「テレビや雑誌などメディアでの活動」が2~3割、「講演活動」が2~3割、残り半分ほどが「ベンチャー企業の支援やニート・フリーターの就職支援」と答えている。昨年は年間100本以上のテレビ出演があり、今年はそれほどではないと語る杉村氏だが、1本20万円で計算しても、自身でマネージメントもこなすだけに2000万円以上になる。講演に関しては具体的な数は教えられないというが、講演仲介業者のHPによれば料金は50万~100万円。月2回としても1200万~2400万円だ。代表取締役を務める「杉村商事」の役員報酬が仮に1000万円だとすれば、総収入は株の利益を除いても、少なくとも5000万円以上、優に議員時代を超える。まさに「フリーターの星」といえる、見事なサクセスぶりといえるだろう。

【杉村太蔵氏】
’79年、北海道旭川市生まれ。筑波大学中退後、派遣社員、証券会社勤務を経て、’05年の総選挙に自民党比例南関東ブロックから出馬、当時最年少(26歳)で初当選する。1期務めた後、現在は政界を離れ、会社経営のほか、タレントとして各種メディアでも活躍中で、TBS『サンデージャポン』などに出演。趣味はテニスで、国体で優勝するほどの腕前を持つ。二児の父。

― 株で勝つために必要なもの……それは「愛」と「勇気」!【2】 ―


この特集の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は101円台を超えるも方向感は出ず

先週金曜日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場では、祝日休み明けの週末実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値決済に向けた円売り・ドル買いが先行し一時101.20円近辺まで上昇しました。しかし、11時を過ぎると、日経平均株価の下落につれドル売りが進み、ドル円は再び101円台… [続きを読む]