静止画像が動き出す、不思議な技術をNTTが開発

 NTTが「止まった画像にリアルな動きを与える」という不思議な光投影技術「変幻灯」を開発したと発表した。

変幻灯 この変幻灯、人間の「錯覚」を巧みに利用して静止画が動いているように見せるのだとか。
 
 近年、プロジェクションマッピングなど光を投影して視覚効果を生み出す技術が各所で注目されているが、静止画が持つそのままの風合いを活かして動いているように見えるのは難しかった。

 開発を行ったNTTコミュニケーション科学基礎研究所によれば、人間が映像を見るとき、能が映像中の色・形・動きを個別に処理し、それらを巧く統合して見ていることに注目。コンピューターで作られた静止対象が動く映像からモノクロの「動き情報」だけを抽出し、その「動き情報」を元の静止画に投影することで静止画と「動き情報」との間に生じるズレを補正しようと脳が「動いているもの」として認識するのだという。

 これにより、印刷物などの止まった対象に様々な動きの印象を与えることに成功したわけで、今後は、インテリアやサイネージなどに活用されることになりそうだ。

 というわけで、この「変幻灯」によって動く静止画。果たしてどんなものか。動画をご覧あれ。

⇒【動画】http://youtu.be/wIHzWJm5398



<文/HBO取材班>


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ショック相場が落着き102円台後半まで回復

昨日のドル円は101.971円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が節目である15,000円割れを試したことで、日通し安値となる101.55円近辺まで円買いが進みました。その後、経済財政諮問会議で安倍首相は「市場を注視して細心の注意を払う」と述べたほか、黒田総裁は日銀… [続きを読む]